プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『刀剣乱舞』 備忘録
少々お話を戴きましたので、私の『刀剣乱舞』備忘録を。

一般ゲーム等と異なり、全クリアという概念が存在しないため、個人のプレイログになります。
ちなみに、『艦隊これくしょん』に関しては先日述べたとおり、駆逐艦・不知火さんに早々に出会ってしまった私は彼女のためにゲームのすべてを捧げ、不知火さんを投入した初戦で彼女がボコられたトラウマから、レベル帯の低い海域でひたすら「もう不知火さんがダメージをくらっても蚊ほどもきかねぇ」ところまでレベルを上げる、『ファンタジー北島プレイ(出典・魔法陣グルグル)』をしているため記事にしようとすると3行で終わるため、記事予定はない。

以下雑感。

2016.01.11(Mon) | その他ゲーム |

2015年総括
本年もお世話になりました。やはりというか、ブログ更新はあまりなかったのですが、書いていないことを含め、プレイした中で印象深かったゲーム等について簡単に。諸般の事情から、今年発売したゲーム以外も含みます。


1:テイルズ オブ ゼスティリア
…まあ、私の今年はこれです。
隠しきれない私怨をなんとかオブラートに包んではみましたが、破れました。思えば上半期はこれを頭の中で消化することに専念していた気がします。
ようやく一年も経ち、笑い話として昇華しようとした矢先の『テイルズ オブ ベルセリア』が本作の過去篇という情報。いや、知っていたけど。『TOZ』と関係があることはとっくに気付いていたけど。

今後の身の振り方を試されている。そう思うゲームと展開でした。

2:閃の軌跡 1・2
まだ感想は書いていませんが、そのうち。
上記と、それ以外で沈んでいた気分を一気に引き上げてくれた良作です。
発売自体は数年前なのですが、自分が『零・碧の軌跡』が好きすぎるというどうしようもない理由によりプレイを控えていました。だって、『零・碧』の敵国の話だから…。

プレイ後の感想はがらっとかわり、「クロスベルも愛してるけど、士官学院のみんなも愛してるよ!」。 次回へ続くな終わり方をしているため、つい先日発表された『3』の制作決定を、発売日決定と勝手に読み間違えた。来年発売を期待してる。

3:里見八犬伝 村雨丸之記
すごく前の気がしているんだけど、今年の話なんだよな。
ロゼの『里見八犬伝』シリーズの完結作。全3作を使って、原作のネタを拾いきったのは驚き。乙女ゲー史に残る漢主人公でした。望美様(遙か3)はすでに殿堂入りしています。
こちらの感想もそのうち。今年ロゼが倒産されましたので、私の財布の負担はかなり減りました。

4:ファイアーエムブレム IF
全3作クリアしたったわ…!
感想はさておき、やはり長く遊ばせてくれるものは良いですね。私としては、子世代が出てくる作品ということでかなり加点が高かった。シナリオはさておき。
誰と誰を結婚させるか、誰を余らせるか…。すべての組み合わせの会話を少し聞いてから決定していたため、余計に時間がかかりました。こちらの感想もそのうち。

5:刀剣乱舞
世間の流れにたがわず、プレイ組。最初期からずっと薬研藤四郎さんを師と仰いでいます。ちなみに『艦隊これくしょん』では不知火さんに忠誠を捧げている。趣味がよくばれる。

これに関しては、ゲームと合わせた各地の地域振興にどれだけ効果があるかの方が気になっています。『艦隊』については関連地方がある程度限定されているのに対し、探せば全国にその関連がある『刀剣』はもっと効果があるのではないかと。
地方の美術館及び資料館の皆様、今です。今この波に乗って、将来の保存費用や修繕費を稼ぐときです。そのうち壺や掛け軸で戦うゲームが出るかもしれませんが、それを待っていては時を逃します。積極的に地域振興を推していきたいと思います。


今年はほとんど一般ゲーをしていました。ここに記述していない『大逆転裁判』などもあり、全体的に「待て、次回」のような作品をし続けていたような…。
簡単ではありますが、今年の締めとさせていただきます。ほぼ停滞しておりますが、ふと思いだした折りにお付き合いくだされば幸いです。来年もまたよろしくお願いいたします。

2015.12.27(Sun) | 総括 |

『Code:Realize』全体感想
今更感想。


下記雑感。

2015.10.31(Sat) | オトメイト |

『黒雪姫』/『魔女王』 全体雑感
気が付けば久々でした。簡単に感想を。


以下雑感。

2015.09.16(Wed) | QUINROSE |

「昔から好きだった…2」
ほぼロゼからなのは、私がやっているのが近年ほぼロゼだからです。
私の好きな「元から好きだった枠」たちを収集してみた2回目です。基本的に前回書かなかった人を集めたが、一人だけ再度語らなければならない人がいた。





【雨水 潤】 死神稼業~怪談ロマンス~
元から好きだった枠は大抵、物語の中盤~後半にかけてその想いがばれるもんだが、彼はかなり序盤、というかほぼ初手でばれる。ここでばれてどうする、と思ったら、そのあとEDまで主人公に踊らされるという精神攻撃を受け続ける。

この作品、そもそも前提条件が「主人公が死神で、そのまま死神を続けていたら彼女の寿命がない」という作品であり、主人公が好きであるが故、たとえ恨まれても彼女を妨害する雨水だが、真相EDにて「実は主人公の死神の仕事はなんやかんやで寿命全然問題ないよ!」という衝撃の真相が判明する。
物語的には「じゃあ寿命もなくならないんだ!よかったね!」で終わるのだが、結果彼は一人踊らされた揚句、主人公に嫌われる行動ばかりとっていたことになった。可哀そうすぎて笑った。

【トレヴィル】 マスケティア
この人は凄い。作品自体の感想の時にも書いたのだが、彼は本当に稀に見る逸材だった。

まず、彼は悪魔なのだが人間の(他に好きな人がいる)娘さんに惚れ、人間の配下に下り、娘さんが死んだら逆恨みで300年かけて復讐しようとするという破天荒。そして私が知る悪魔キャラの中で最上級に弱い。
なので、そもそもこいつが300年生きてこられたことの方が奇跡にしか見えない。もう復讐とか300年の片思いとかどうでもいい。
そしていざ300年経ったら娘さんの生まれ変わりの方を勘違いで殺しにかかった。

彼は正直不憫というより、何故そんな背景設定を背負ったのかの方に笑いが止まらない。
元から好きだった枠ではあるが、娘さんが特に彼に乗り換えた様子もないのでただただ片思いだったという状況。
本作の大団円ルートの中で、その長い時間かけた壮大な計画をまさかの話し合いにより取りやめるというレベル高い芸にも感服する。
「元から好きだった枠」ではあるが、なんか人生楽しそうなので不憫ではない。是非加点を差し上げたい。彼はちょっと異色だと思う。


【エリアス・ミスト】【ロキ・ジルフォード】 マーメイド・ゴシック
他の「元から好きだった枠」が基本、周りに迷惑をかけず、結果自分だけ哀れな目に合う人たちだとすれば、こちらは全力で迷惑かけにいった「元から好きだった枠」。よって不憫ではない。よりにもよって、同じ作品に似た性質の奴が二人も現れた奇跡。

どちらか一方でも「あの子の幸せを思って…」みたいに黙って見守っていればいいものを、どちらも全力で他人の妨害を図りに行く性質。何故ポジションわけをしなかったのか。どちらもかなり危険であり、他人を全力で妨害しに行くが、選択するストーリーによっては終始姿を見せない…とほぼ立ち位置の椅子取りゲーム。一応見守らないわけでもないが、殺るときは殺るアグレッシブさ。場合によっては我が身も捧げます。他人の身も捧げます。
そしてロキに至っては何でずっと好きだったのかいまいち不明だけど過去現在に渡って周辺の被害甚大という「それ巻き込まれた周りの奴が可哀そうじゃね?」な展開。荘助(『里見八犬伝』)を見習ってほしい。

一人だけだったら「なんだこいつ」だったが、それが二人もいたので逆に面白かった。そしてお互いに潰しあいしている所も最高にクールです。仲間がいるって素晴らしい。


【マーシャル・エイド】 クリムゾン・エンパイア
ずっと好きだったけどそれが気付いてもらえておらず…。というよくある「元から好き枠」。
彼は結ばれた後も主人公の特性のため結構主人公に弄ばれる。
関係後も「なかったことにしよう」と避けられたり、浮気相手扱いされていたりなんだり可哀想ではある。しかし、問題はそこではない。

彼はいわゆる執事さん。当然にその主人も攻略対象。
ロゼにはよくあることだが、その主人の方と結ばれた場合の彼が哀れ。

同等の立場だったはずの主人公が主人になり、主人公夫妻とその娘の世話をし、どう見ても独身で40歳を越えている。その娘に「お母様のような女性になってください」と言っている彼の心境は如何に…。主の方がかなりぽっと出で主人公に惚れるので、余計に哀れ。

どんな思いで夫妻につかえているのか。後に同じことをやる奴(浜路 『里見八犬伝』)が現れるとは、この時予想だにしていなかった。

【塚本 久光】 スクール・ウォーズ
集う不憫の星たち。『スクール・ウォーズ』はまあ、そこまで知名度もなければ流行った感もないけども、このゲームには私の胸を熱くしてくれる不憫たちがいる。
前回少し触れたが、このゲームの都丸君は私の中で「システムに踊らされた不憫の星」です。が、その陰に隠れた塚本君もかなりな逸材。

彼を表現すると、

真面目で、頭良くて、眼鏡で、優しくて、金持ちで、実家が良家で、顔が良くて、料理が上手くて、年下で、元から主人公のことが好き。

属性の塊のような男。
彼が不憫な所は、これだけの要素が揃いながらそのほぼすべてに対抗馬がいるということ。しかも上位互換の。
「頭が良い、眼鏡」を生徒会長に、「優しくて金持ち」を岬に、「顔が良い」を比佐、「料理が上手い」を黒部、「元から主人公のことが好き」を都丸に、「年下」は作中の半数が年下、「実家が良家」に至ってはほぼ全員に取られている。
残った要素は「真面目」のみ。これでどう戦えっていうんだってくらい丸腰。素晴らしい。

この彼の更に可哀想な所は、FDで皆両片思いや恋人関係からスタートの中、一人関係をリセットされていた所。
そりゃあ最後に泣いても仕方ない。彼のこういう所、大好きです。
この『スクール・ウォーズ』今度PSVitaにFD込みでパックになって移植される。都丸君と塚本君の知名度が上がることを期待してる。


【犬川 荘助】 里見八犬伝シリーズ
…。いや、前回も書いたんだけど彼については追記しておかなくてはならないだろう。私の出会った「元から好きだった枠」の中ではダントツで不憫。荘助周辺は不憫枠の神でも監修してるんだろうか。

彼は本当に胃が痛い。そもそも”元から好きだった枠”が可哀そうであることなんて当たり前ですが、彼は本当にPSPの電源落とすレベルでつらい。彼の何がそんなに他の「元から枠」とは違うのか、どれほど不憫なのか具体的に表すと、

・ポジション的に誰ルートでも絶対にフェードアウトしない仕様
・「君はもしかして○○さんのことが好きなの?」「○○さんは恋人なの?」と、恋愛の総括をしてくる。
・告白の場面や同衾のときなど、結構な確率で至近距離にいる。
・相手の男性とじゃれているとき、朝チュン(場合によっては夜まで)など結構な確率で出くわす。
・しかし彼が告白すると主人公は死ぬほど悩む。
・別の人と結ばれると、自分の気持ちは基本永遠に隠す。
・自分のEDに幼馴染(恋敵)がめちゃくちゃ食い込んでくる。
・シリーズ総括にあたる話に向かうルートでまさかの荘助失恋玉砕イベントを経由する。
・誰と結ばれようが彼の恋愛感情は消えない。

その不憫さ、ついに演者の方がインタビューで「可哀想で、可哀想で(笑)」「ちょっと悲惨だなと(笑)」とコメントされる有様。彼の動向が気になりすぎて、他ルートでも常に「荘助を探せ」状態。お蔭で彼が唯一幸せになれる彼ルートが頭に入らない。
是非プレイして胃の痛い思いを味わってほしいと思う。




彼らに日の目を。

2015.05.23(Sat) | その他(乙女ゲー) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。