プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『キャサリン』プレイ感想
二日酔いのまま次の日の飲み会へ行き、三日酔いに発展した・・・。

『キャサリン』感想というか、プレイメモです。
先に言ったとおり、ストーリー部分が短いので、実に簡易。ついでにネタバレに対して非常に気を使っていらっしゃるとのことのため、飛ばし飛ばしで感想参ります。

下記感想。
***


<第1夜>
いきなり洋画劇場のOP始まった(笑
アトラスはテレビ好きだなぁ(笑

ひたすら上を目指して登る夢をみるヴィンセント。あまりの恐怖でおねしょ。まさかおねしょのムービーが入るとは。
恋人のキャサリン、結婚をほのめかす。このキャサリンすごく好みだ!いい女!
夢の事を友人に告白しますが、聞いてもらえない。一人で飲んでいると、誰かやってきて・・・。

さあ、パズル再び。

<第2夜>
ふぅむ・・・、現実世界で「死んでしまえ」と思った人がいる男がやってくるのか。

ボス・・・こえぇぇ!!!フォーク構えて追ってくる女の腕、ですが、一回刺されて死んだよ・・・。刺した後ぐりぐりってえぐんな・・・。びびったじゃんか。

うえぁ、浮気キャサリン来た!!・・・予想以上にかわいいな。
それにしても色々グラフィック凄いなぁ。遊び心がある。
浮気キャサリン出てくるたびにかわいいな。恋人一筋だと思ってたけど、なんか心動く・・・。


<第3夜>
すごいケツが追ってきた。ここで10回以上の死亡体験。

<第4夜>
ははぁ、恋人キャサリンに子ども出来たとな。
ボスは胎児。でかい赤ん坊は怖いの法則はドラッグオンドラグーンで実証済み。
「パパ、いっちゃやだぁ」か・・・。
このボスってヴィンセントにとっての恐怖とかそういうものなんだろうな。実に現実的な恐怖だこと。

<第5夜>
悪夢は氷の空間。氷のご多分にもれず、滑ると止まらない。ボス戦でもないのに連敗連続死。
みんな見えているボスが違う模様。やっぱり恐怖や罪悪感の相手がボスに?

<第6夜>
どうみたって友人2人の羊登場。・・・こええよ。
ボスはサイボーグ赤ちゃん。以前倒した奴がメカメカしくなって再登場。前回よりよくしゃべる。

<第7夜>
序盤のお助けキャラが死ぬのは最近のはやりなのか!?
ここで浮気キャサリンの歯医者通いの複線回収・・・の感じ。

<第8夜>
エリカに対するみんなの対応が変じゃない?死亡説流れたとかはともかく、「お前はない」「エリカ以外なら」とか言われ過ぎでしょう。・・・まさか;
浮気キャサリンやっぱかわいい、けど、何故ヴィンセントにそこまで???

<第9夜>
・・・元々塔は8階層っていったじゃん?前回で終わりだと思うじゃん?
なんでまだある!
恋人と浮気相手のド修羅場のあと、バーで仲間と会話。だんだん浮気キャサリンがおかしな存在であることに気づいて・・・。

<第10夜>
ラスボス戦!映画監督みたいなのは、OPの演出が日曜洋画劇場だったから?

<ED>
恋人トゥルーED,と呼ばれるものに行きついたようです。ひたすら恋人ひいきし続けたからな!

***

<総評>

プレイ時間:15時間
ほとんどパズルの時間です。正確にはパズルで死んでた時間です。

非常に感想が書きづらい作品なのですが、そのあたりについて少々。

まず演出、グラフィック、音楽については文句なしに素晴らしい。
現代かつ日常のちょっとしたものでも、ゲーム中のグラフィックにされるととたんに格好良く見える。回転ずしとか!
日常パートのペルソナ風の音楽もさることながら、パズルパートのクラッシックをアレンジした音楽も良かったと思います。
アニメーションが頻繁に挿まれるのですが、それも良し。また、CG部分とアニメーション部分に共通して言えるのが、見せ方(カメラアングル)がうまいなぁってこと。

パズルパートについては、近年稀にみる理不尽・・・もとい、ハード設定。久々にイージーモードがハードモードの作品に出会った。
頭を使わせることを全力でやっている。適当では到底進めない配置に何度惨殺されたか・・・。

難を言えば、「これはパズルゲームである必要があったか?」ということ。
塔を登っていく、というのが世界観に必要というのは分かりますが、同じことを『ペルソナ3』でもやっている。またボスが「自身の恐怖心」というところもまた、「ペルソナでよかったんじゃね?」と思わせる一因。
自身の内面に向き合う、打ち勝つというのが『ペルソナ』だからねー。大人主人公の話は『ペルソナ2:罰』でやってるからねー。

うーん、初PS3作品だったということで、グラフィック面がRPGを作るのには間に合わなかったんだろうか?せっかく作りこんでいるのだから、もう少し歩き回れる面があったりすればアドベンチャーパートとの兼ね合いが上手くできたように思えます。

ちょっと手を出して見るには少しハードルが高いかな?少しずつ進める余裕のある方へ。


スポンサーサイト

2011.05.01(Sun) | その他(一般) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。