プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『華ヤカ哉、我ガ一族』プレイ感想 暗殺者(御守 守)
隠しキャラ扱いでいいのかな?とにかくラストぉ!
次回総評で締めです。

気付けばさまざま拍手御礼!ありがとうございます!
・・・え、クリーチャーにも拍手?・・・クリーチャーに?

下記感想。

***

<御杜 守>

小説『華ヤカ哉、我ガ一族』の執筆者にして、全てのルートで一族の命を狙ってくる暗殺者。
元妻の部屋の宝箱から見つかる小説により、このルートが開きます。
・・・もうさぁ、正体は気付いてるんだけどね。だってこの名前でしょ、この怨恨でしょ。五男と六男はほぼ独力で真相に行きあたり、次男と三男、四男は暗殺者からのアシストで気付く(気付きかける)。どうした長男。

えー、ほぼしょっぱなから暗殺者であることを主人公にばらしてます。そうでなくても、「本当はただの良い人じゃないんだぜ」オーラを出してます。
どこかで見たことありますね?そう、三男と四男の気質です。

内容としては、今まであった(おもに暗殺関係のことの)裏話。四男の友人の行動の理由や、長男の母の行動の理由とか。
この世界の人ってやたら体頑丈だなと思っていたけど、こいつも5年少々の修行ですごい暗殺者になったらしい。うむ、五男勝てるぞ!
主人公は初期から彼が暗殺者だと知っているのですが、うーん・・・。このルートでは彼女がかなーり駄目な子なんですよね。いや、うん・・・。少女マンガのヒロインっぽいんですけどね。好みではないぞ!

暗殺者が暗殺実行→「は!人が殺された!」→「あ、お元気でしたか?でも人殺しは駄目ですよ?どうやったら止められますか?」

おい!
まあ、暗殺者側もかなり駄目な男ですがね。全体的な話としては、長男ルートを長男との色恋抜きで進んでいる感じ。
いつも通り屋敷へ親父殺しに来ましたが、主人公普通に斬られた。・・・お前ルートなはずなのに。主人公も普通に斬られたけど、そのあと手当てしてくれたので感謝。よくわからん。

ともあれ、お互いのフィーリングがあったのは確か。次第に暗殺の意思を失っていく暗殺者と主に生活する主人公。再度親父を狙うも、主人公に阻まれる。
どうも親父は暗殺者の母に結構真剣だったみたいだな。
お互いのために一度別れた暗殺者。その元に親父からの『宮ノ杜』の戸籍が届けられる。ED、キャスト欄の名前は『御杜 守』ではなく『宮ノ杜 守』。・・・趣を感じました。
よって暗殺者は年齢的に宮ノ杜家四男になり、その下の兄弟は順位繰り下がりです。つまり雅は『六男』から『七男』に。そう、『なななん』に。・・・『しちなん』かな?どっちでも言い辛いことに!
屋敷を下がり、工場勤めに戻った主人公を迎えに来て、ED。

後日談その1、親父のぶっちゃけトーク。後日談その2は、親父ぶっちゃけトーク後の話。刺されたことに対する主人公の当てこすり。
一番見れて楽しかったのは、兄弟たちの幼少期の写真です。み、みんな似てる!?でもなんとなくそれぞれの面影がある。

スポンサーサイト

2011.04.24(Sun) | 華ヤカ哉、我ガ一族 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。