プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『華ヤカ哉、我ガ一族』プレイ感想 四男(宮ノ杜 進)
私思い切った!ちょっとあらぬもの予約してしまった。
・・・楽しめたら感想あげます。

下記感想。
***

<宮ノ杜 進>


四男で警察官。他の人のルートでは完全に添え物程度の活躍しかしておらず、身分の高い兄弟からいいように扱われていた。その分、不安が・・・。
だって、この兄弟二人括りで似ているんだもの。三男に近かったら・・・;

あああ、やっぱりダースベイダー!!どうしてこうも、二人括りで似ているのかっ!
当初はいい人、と思ったのですが、どうも最初から雲行きが怪しい。
「自分は誰にでも優しく出来る」「あんまり人がどうとか考えていない」
みたいな台詞を序盤からぽんぽん出す。少し仲良くなっただけで手の内を明かすのが三男と四男の特徴。もうちょい隠せよ。

それでも精神が安定していたのは、友人とか母とか心の支えがあったからのようですが、それがなくなってさあ大変。
元々身内だけが大切で、そのために頑張っていた面がある。逆に他人のことはどうでもいいと思っていて、自分でも記憶のないうちに人を殺したりできるとな。・・・二重人格か。
四男のルートでは、初めて親父の専属使用人試験に落ちる。ついでに友人関係のごたごたで、主人公撃たれる。やった!刀傷じゃない!

・・・どっちもどっちだ。

四男の専属についたことで、主人公が初めて仕事に対して「やりがいがない」という。もう駄目だな、真ん中は。

裏切られた友人が暗殺者に利用されていて、主人公との縁談を組まれるわけだけど、それが気に入らなくて四男が暴走して・・・、ってごちゃごちゃ。
主題は四男が自分との折り合いをつけることと、友人関係の清算?
意外と早いうちから、元の四男プラス裏側程度に落ち着いています。最終的に暗殺者撃退して主人公と一緒になることに決めてうまくいったんじゃない?

本ルート一番の見どころは、四男の失恋パーティを開く成人組。上4人の無駄な結束力と、ついでに情報屋喜助のアシスト。成人組が出張ってた。
後日談は、結婚の申し込み。後日談その2は、母親に同居の相談。母親の印象が強い話でした。一番女の子していた四男の母・・・。おそるべし。
そんでもってダースベイダー四男と暗殺者の声が異様に似ている・・・。後日談その2、一人芝居かと思ってしまった。


スポンサーサイト

2011.04.20(Wed) | 華ヤカ哉、我ガ一族 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。