プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

遙かなる時空の中で5 プレイメモ(9周目・沖田総司)
そろそろ通常営業に戻ります。

で、今回は沖田。
下記感想。

***

<9周目・沖田総司>
ぱっつん前髪のお人形さんみたいな剣士。登場から死にそうでも、共通BADエンド以外では死ななかったガッツのある男。

自分というものを持っていなかった子が、神子との接触から自分を掴む。

うん、ごめんなさい。本当にこういう趣旨の話だったです。
むしろ上様が頑張る話。
スポットは新撰組にあたっているので、幕府側の動きが目立ちます。しっかし沖田はふらふらしてていいんかいな。
つまり沖田は自己を持っていなかったんだけど、神子に惚れたことによって自分を持つようになった。ただ、ちょっと体調が悪いので戦い過ぎると倒れるよ。ただし結核じゃないよ。

・・・どういうこと?

このルートでの一番の見どころは、最終戦の後に手を振って去っていく高杉。
瞬は勝手に帰ったってことは、運命通り消えたんだろうな・・・。
新撰組にもどった沖田は、余生とばかりに「最期」の独り言を呟いて・・・どうして現代に来た!?
先に「最期」って言ってたしなぁ・・・。高杉理論で生き死にリセットなのか、陽炎なのか、幻影か。


・・・どういうこと?

スポンサーサイト

2011.03.14(Mon) | 遙かなる時空の中で |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。