プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

T〇Z ネタバレと雑念と思念
あまりはっきり言うと角が立ちすぎるので、伏字で書こうと思います。
文章の形になってないのですが、お許しください。長い長い雑念なので、感想ですらないですが、一度深呼吸しようと思います。


T〇Zネタバレ雑念、思念。ネタバレしかない。




本当にあらゆる面についてどう処理して良いのか困った。
特にストーリーに関しては、本当にこれでいいとどこで判断したのか…。救いがない物語でもいいけれども、起承転結と主張なんとかまとめようよ…


とにかく初めて聞く設定であれこれが全編にわたって挿入され、こちらを困惑させる。

物語の中盤で登場するデゼルはその最たる存在で、
「俺には復讐しなきゃいけない相手がいるから、そのためにお前らについてってやるよ」
みたいな理由で来られるのですが、彼は基本面倒見の良い人で「復讐とか言ってるけど、良心だなぁ」と思っていたら途中退場。

まあそこまではよいとして、彼の死に際(?)に一気に開示される情報の数々。
こちらを困惑させる新しい情報がどんどん出てきて、「え?これどういうこと?説明してよデゼルさん」と思っている間に彼は『フラン〇ースの犬』のネロの如く満足げな顔で天に登っていく。

彼やその周囲は納得して感動的な別れをしていたが、正直私の心境は、

「ま、待って!私まだ貴方と話したいこと
(今まで一言も言ってなかったのに「俺は疫病神」ってどういうことだよ。まあまあ長い間関わってたけど、特に主人公たち影響受けたことないよ。あと君とロゼって結局どういう関係だったんだよ。利用してるって言ってたけど昔なんか思い入れあったっぽいのはどうなるんだ。忘れてたのか?本当にすべて欠乏?「仲間の敵」みたいなこと言ってたけど、仲間どれだよ。傭兵団だったらお前のこと見えてなかったよね?知らなかったよね?契約解除したあともカムイできたのはどういうこと?その目が見えなかった理由は何、で、何故それが唐突に治ってんの?いきなりザビーダ知人顔で出てきたけどどういうこと?君が敵だと思っていた子は結局どういう関わりだったんだ?ともかくなんやかんやまったく解決してないから)
があるから行かないで!」

である。

彼の死後の展開についても、今まで敵だったはずなのにいきなり参加してきたザビーダ。
「本当はいざって時のため(?)にとっていた実は人の穢れも払えるし憑魔を殺すこともできるし天族を射出することも出来る”その辺で拾った銃”があるけど、仕方ないから最後の一発を貸してやる。だからこの後仲間に入れてくれな」
という「じゃあなんでお前今までこっちに向かってばかすか無駄玉撃ってきたんだよ」と聞き返したくなるような参入を果たし、「俺くらい強くなると試練とかいらない」と今までこなしてきたこちらの試練とはなんだったのか聞きたくなるような理由で強化イベントショートカット。
「俺とデゼルは昔の知り合いで…」と「それデゼルが生きてる時に言ってくんない!?」というデゼルの死亡関連でささくれ立っているこちらの神経を逆撫でしてくれる。その後ロゼも「私あいつと小さい頃に会ってた」とか、だからそれデゼルが生きてる時に言ってくんない!?

また、そのほぼ直後に起きるイベントで今まで名前の付いたモブだったおじいさんが、
「儂はすべての歴史を記録している語り部じゃ(意訳)」
と言い始め、「じゃあ教えてくれるのかな」と思っていたら面倒だから飛ばしていいやと思っていたサブイベントをすべてこなしてこいと言われ、若干の疲弊を感じつつ終わったよーと会いに行ったら今まで見たイベントのフルバージョン及びその他諸々を見せられ、「すべての歴史を記録している」はずなのに20年間という「それ町の誰かに聞いたら知ってる人いたんじゃね?」という短い歴史を開示。
「うん…、まあ…、そうですか」と思っていたら、
「儂は禁を破ってこの歴史を開示した!さあ!お前たちもわかっているんだろう!?その銃で俺を撃つしかないということは!(意訳)」
という全然こちらの把握していない状況を分かっているものとして語られ、そして私は全然理解していないけど主人公たちも「それはわかっているけど…」と葛藤を始め、さっきこの銃で味方ひとり犠牲にしたばかりなのに使えるか畜生と思っていたらよくわからないけどおじいさん自滅して、主人公たちが物凄く悲しみ、「一体このモブおじいさんはなんだったんだ…」と呆然と置いて行かれる謎仕様。というか誰にも伝えない歴史で話したら死ぬって、その歴史どこで話すんだ?


何なんだよ…、その銃一体何なんだよ…、おじいさんも一体何なんだよ…(泣
ザビーダは「その辺で拾った銃」とか言うし、その「天族の生死にも、人の穢れの浄化にも、憑魔退治にも転用可能」な「その辺で拾った銃」の汎用性の高さ何なんだよ…(泣
何のために主人公“儀礼剣”とかいう明らかに退魔効果ありそうな名前の剣持ってんだよ…orz

デゼルが命がけで救ったんだか利用したんだかわからないロゼについては、彼の走馬灯で何故か彼女の情報が一気に開示。君の走馬灯それでよかったのか?
ロゼは商人兼暗殺者で、「実は昔色々あって、仲間のみんなといるために暗殺者やってる」というので「なるほど、昔はお嬢様とか仲間全員村の住人とかかな」と思っていたらまさかの「元々傭兵集団」で、それ依頼人が公に依頼してくるか隠れて依頼してくるかの違いだけで元々人の殺生はしてたんじゃないのかロゼさん。
というか商人として成功している上に、暗殺で対価は貰っていないらしいので「じゃあ何で暗殺稼業続けてるんですかロゼさん」だ。
ここまでノンストップってどうなってんだ…。頼むから一度止まって…。私を休ませてくれ…orz

初めて聞く云々はストーリー以外にも発揮され、生まれてこの方村から出たことがなかった主人公が、
「じゃあ次は〇〇の街だね」
と言われて
「そうだな!」

…待ってくれ、君も私も、その地名を聞いたのは初めてだ。まずは
「○○の街って何?」→「○○ってのは…」
という仲間との会話があるべきではないのか?何故知っている体で話が進む。誰か止めて。お願いついていけない。頼む。一回止まろう。話を整理しよう。お願いだからそこの所端折らないでくれ。息切れするから。


その他の面でも全体的にシナリオは「あ、これ端折り始めたな」感を漂わせてくれる。
別にいいんです。ダークな世界観だろうが、救いがなかろうが、全滅EDだろうがいいんです。『TOX2』見てください。新規参入、全滅ですよ。それでもストーリーなんとかなってる。
「広い世界に若者数人ぽんと放り出されて何かできますか?出来ないでしょう?」みたいな話、全然OKです。寧ろ大好きです。ただ、構成力どこ行った。

序盤意味ありげな行動をとり続けていたライラは、
「きっと彼女には深い意味があり、実は悪いことをさせようとしているとか、本当は導師を害そうとしているとかあるに違いない」
と思っていたけどそんな事なかった。前述のモブおじいさんが「お前が隠していたのはこの歴史だろう?」と開示してくれた20年の歴史しかなかったし、彼女は聖剣を守っている湖の乙女と言われていたけど結構な新参者だったし、別に街守ってもなかったし、あなた一体なんだったんだよ…orz

ライラは序盤、意味深な行動を繰り返すので、上記のように「彼女には実は別の目的があるのでは…」と思わせるのですが、それは序盤だけ。
以後そのような行動及び演出はなくなる。あの演出はなんだったのか。本当にそんなことが言いたいがために彼女は口をつぐんでいたのか、言いたかったのはそんな事なのか。何のためにギャグ言い続けないといけなかったのか。
ていうか「導師となれば人々から恐れられ爪弾きにされて忌み嫌われる」みたいな設定どうなった!一回それらしいのあったけど、それ以外何もなかったぞ!というか主人公、人間界に不干渉過ぎて人々に忌み嫌われようもなかったぞ!

そうした「序盤に遭ったけど何故か中盤以降なくなるもの」は結構あって、
・スキットでの選択肢
・イベントでの差分演出
・意味ありげなカメラワーク
・守護天族を見つけて、その器を探す過程
・主人公の自己判断

なんだったのだろう…。器関連、最初は探しにいったりしたのに、以降は「もう町全体でいいだろ」みたいなざっくりした器になったし。
最初のスキット選択肢は「ああ、今回はこうやってスキット内容に変化が出るんだ。次の周はもう片方選ぼうかな」
と思ってたら最初しかなかったぞ。選択式やめたなら、全部撤廃した方が収まりが良かったと思うが。

そんな中でまさかこれがなくなるとは誰が思うだろうかというのが、主人公の自己判断。
彼は最初は国の重鎮に協力を迫られてもその中で食事だけして、「じゃあ帰ろうか」と静かにその場を武力に物言わせて去る。みたいな浮世離れしているけど、自分の判断は見失わない人だった。
んが、何故か中盤以降は周囲のお伺いを立てまくる凄い良く出来た部下に転身。全面的に台詞が「わかった」に変更。お願い、分かったのはいいから、そこに自分の意思を介在させて。君は「はい」「いいえ」しか選べない主人公じゃないはずだ。「世界の半分をもらいますか?」→「はい」「いいえ」みたいな無茶な質問されてないだろう?プレゼン能力!ディベート能力!
「おう、彼は何故ルドガー(TOX2)以上に自分の力で行動できないんだい?」と襟首掴んで問いただしたい。
設定何処に行った、儀礼剣、人々を救いたい、人と天族の共存…
人間社会に関わらな過ぎて、一体どこ守ってんだよ君は…orz 外野ちゃうんだぞ…、君、世界情熱で照らさんとあかん人なんだぞ…

エドナとミクリオは、個人には設定倒れと言うか、本人どうこうではなくもっと話作ってやってくれよと。
エドナは「お兄さんがドラゴンになったのを助けるよ!」→何もしない→何もしない→「覚悟決めたから殺そう」
だったら最初から、最初からさぁ…。

アリーシャについては色々ご意見ありますが、別にスポット参戦だろうが、途中退場だろうがいいんです。昔からそのポジションのキャラはいましたし、正直私はフレン(TOV)についてはXbox版の立ち位置の方が好きだった。
意味があるからついて来る、意味があるからついてこない。どちらも正解ですし、エステル(TOV)は中盤「え、なんで来るん?話ややこしくなるやん」とか思ったこともあったので、それはまあいいんです。シャーリー(TOL)は「お願い!分かったから来ないで!」とか思ってたからそれはどうでもいいのです。私が真ヒロインと信じているステラ(TOL)なんか登場一瞬だぞ。参戦すらしないぞ。

しかし、アリーシャの離脱理由がスレイの負担軽減のためはまだしも、その後やっていることが、橋を…掛ける…??
『TOA』では100万で掛けてましたよね。『TOX2』では人が橋になってましたけどね!
街を立ち直らせるため?でも『TOV』では金の力で街作ってましたよね。『TOS』は金の力で街を復興してましたよね。 
その橋はそんなに重要なんだろうか。その橋を巡って世界の興亡決めるような何かが起きるならいい。
お金で何とかなる部分はお金に頼りましょうよ。何のためにモンスター倒してると思ってるんですか。高速バス料金くらいのお金出してセーブポイント間移動してる場合じゃないです。橋を掛けましょう、橋を。


…。…。

見たことのない話。見たことのない設定。聞いているのに解決しない色々。
その他色々尋ねたいことはたくさんある。
「結局アリーシャはどうやってスレイたちの村までたどり着いたんだ」とか「何故あんな悪徳大臣たちの口約束を信じてアリーシャ放置でふらふら旅をしようと思ったんだ」とか「どうして「行くぞ!」と突っ込んでいた先にいたラスボスさんに対して「かかってこい」と言われて「今はその時じゃないと思う」とひよったのか」とか「マルトランが盗った剣どこいった」とか「だからルナール一体なんだったんだ」とか。
切りがないので割愛するが、とりあえずいったん吐き出しておかないといけないと思った。過呼吸になるわ。
心境としてはT〇Zっていうか、〇TZ。膝から崩れ落ちるし、息切れする。

***

ひとまず、売り出す前に「最高傑作」という商標をつけるのはやめよう。本作をそう思う人もいたかもしれませんが、本作をやったうえでやっぱり「○○が最高傑作だな」と思う人もいるので。その辺りは各個人に決めさせてほしい…。
私の中での最高傑作は『T〇L』でお願いします。



スポンサーサイト

2015.04.15(Wed) | 日常 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。