プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

遙かなる時空の中で5 プレイメモ(5周目・小松帯刀)
簡潔にしようとしてまったく簡潔になってなくてびっくりした!
以前より長いぞ、これは・・・。

『ディシディア02』か『ディスガイア4』か『アサシンクリード』か『侍道4』

次のターゲットを考え中です。

下記感想。

***

<小松帯刀>

薩摩藩の家老。女好きでリーダー格の眼鏡。こんな眼鏡初めて。
見た目とイメージがかなり違う人。かなりずぼらってか、軽い物言いをする。だからちょっとおねえ系に・・・。
現実的に権力を持っているせいか、一同のリーダーっぽいところがある。ま、坂本は場合によっては暗殺されてるし、瞬は人としゃべらないし、高杉はいないし、よく喋り会話の中心にいる人が小松だけになりがち。ただ序盤協力の意思は薄いけどな!
彼の髪留めが好きです。これどっかに売ってないかな・・・。あとメガネ!

最初からまぁ非協力的で、八葉になってくれと言っても忙しいだの、別に協力する必要ないでしょ的な物言い。瞬よりこっちの方が問題ありだろ、ということで、遙か5の困った男性その3。逆に困ってない男性のんが少ない。

ちょっと慣れると猫みたいな可愛がり方してきて動揺。「おー、おいでおいで。こっちゃこい」みたいな構い方。以外とこいつ女慣れしてる。ただ相手は天然姫様。全然効いてないけどな。
幕府の世の中にも未練はないらしく、新しい時代を見ているよう。こういう姿勢はいいと思う。家老をやめたら商人になろうか考え中だそうだが、実際性にあってると思う。

個人の章に入ってからは、開国派として幕府に狙われていることが分かる。
いつそうなったのかは分からないが、小松はどうも神子を落としに来ている。物量作戦してみたり、デートの誘いかけたり、妾さんにでもしたいのかと思った。普段もてる分、神子がなびかないからむかついたんだろうか。
あの手この手で神子を落とそうとするのを、神子がのらりくらりとかわす話。

ずっと「これは小松狙われる話くるぜー」と思ってたら、かなり経ってからきた。馬の上とかカゴを刺されるんだと思ってた。
というか神子を守って倒れるのだが、やられてからかなりの長台詞を喋る。倒れる気あるんかい!瞬のEDよりも喋ってるぞ!
恒例の殺されちゃったから時空を越えて助ける展開です。

なんとなく思ってたんだけど、今回の神子は時空を越えた恩恵をあまり受けないですね。
あくまでそのルートの中であれやこれやするのには役立つんだけど、他のルートのときにはそれが生かされない様子。
前回の流れでここに上様がいるって知ってるはずなのに、驚いたりだとか。前もここをこういう風にいったから今度もそうしてみようとか。違う行動取った方が運命変わるんじゃない?神子様天然さんだから忘れてんのかな。

時空を戻って、小松が殺される状況を避けたけど、神子が時を遡ったことがばれました。「君がそこまでしたのは、私の事が好きだからだよ」と自信ありげな小松に対する神子の選択肢がこちら。

>・・・違うと思うんですけど

どうして毎回告白シーンに前途多難な選択があるんだ(笑
それ以外も全体的に懐疑的。小松本当にこの子でいいのか?
陽炎も片付けたし、日光で天海を討とう!とのことで日光行き。・・・この話天海がからまんなぁ。崇はもっとからまんが。
天海もことなく倒して良かったよかった。ここでお別れの言葉を小松がかけるのですが、一人ずつに言うのがまたリーダーっぽい。ミドリレンジャーがリーダーを務める話なんて『マジレンジャー』以来だわ。

EDでは現代に来て会社を経営してるのかな?相変わらずこの現代に問題なく入り込めるネオロマシステムは不明だわ・・・。幕末で暮らした方が良かったんでない?
スポンサーサイト

2011.03.07(Mon) | 遙かなる時空の中で |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。