プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

久々にアニメ見ました『魔法少女まどか★マギカ』
普段アニメを見る年齢はとうに過ぎてしまったのですが、先日久々にアニメらしいアニメを見ました。

『魔法少女まどか★マギカ』

私たちの年齢でいうと、魔法少女=セーラームーンなのですが、時代は進んだなぁ・・・。

30分そこらにも関わらず、詰め込まれた情報がすごくて口が開いたままというか、瞬きを忘れたというか。
かわいい系の絵柄で書かれた、決してリアル調ではない女の子。
別の意味を感じる背景と劇場表現。
戦闘シーンでの戦列な色彩。
『アニメ』で終わらせない音楽。

決して子供向けとは言えないアニメなのですが、これはやってもいいのかと本当に驚いた。
今から約10年前、それまでのアニメを打ち破り社会現象化した『エヴァンゲリオン』ですが、それを見たときの何かを感じました。口ではあまり説明のつかないざわざわ感。

特に目を引いたのが、戦闘シーンの背景。
「おそらくこの敵には何かあるのだろう、それがこうして現れているんだろう」と思わせる。

あまりちゃんと調べていないのですが、かなり大人向けのアニメなんでしょうかね?
完結していない作品なのですが、これは通して見てみたいと思わせるアニメでした。やるな、シャフト!
て、原作『沙耶の唄』書いた人か!それはああなるわ・・・。



ところで、最近は『魔法少女』とつくとアレなのでしょうか。
有名どころの『魔法少女リリカルなのは』はタイトルからは分からないようながっつりと戦闘もののようですし。
私たちの言う『魔法少女』ものは冒頭のとおり『セーラームーン』が1番に上がりますし、それ以外だと『サリーちゃん』とか?

『セーラームーン』も当時としてはかなり革新的だったようですねぇ。なんでも女の子が戦うってこと自体がすごかったらしい。
あの作品は本当に世代なのですが、何がすごいって主人公中二に対して、ヒーローは大学生ってことですよ。
よくよく考えるとおいおいマモちゃんよぉ、と頭はたきたくなる。
また第2部に入ると、未来の娘であるちびうさが来るわけですが、彼女はクリスタルトーキョーという世界国家(?)の王女様。
いったい今必死に守ってる日本に何があったねんと裏拳入れたくなった。
そしてどんどん話が進んで変身が進化するたびに強化されていく肩パット。

こどもながらにいろいろ感じていたなぁ・・・。
今は『プリキュア』ですか?あれも女の子が拳で岩を砕く話でびっくりした。魔法使わんのんかい。
そして色分けに関係なく全員肉弾戦だった!

魔法少女の定義も広いもんだ。

スポンサーサイト

2011.03.06(Sun) | 日常 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。