プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『黒雪姫』/『魔女王』 全体雑感
気が付けば久々でした。簡単に感想を。


以下雑感。


【黒雪姫】
このライターの方が作った作品は、結構繊細な描写があったり原作の読み込みが強かったりで、私は好きです。そのため、ある程度安全牌として購入した。

簡単に説明すると、美人過ぎて身の回りに不幸が起きるリヴが、その美人さのせいでいらん男(後の継母)が引っかかって国が滅び、国の近くにある森に潜んでいた7人の同盟(王子多数)と組んで悪い女王(男)から国をたくさん取り戻そう、という話。凄いね、色々。
キャッチコピーの「その美しさが国を滅ぼす」が非常に好きです。

あんまり白雪姫も関係ない話だった印象。
ぱっと頭に浮かぶ「毒りんご食べて仮死状態になってキスで目が覚める」というのも、一人のルートでしかやらなかった衝撃。
とりあえず全員の見せ場はそれしかないだろうと思っていたので、まあ驚いた。大体は主人公と女王(男)の愛憎劇で進むよ!

攻略対象ズが皆女王(男)に侵略された他国の王子だったりなんだったりするので、ラストで国を取り戻したら「いや、これ今後どうするの?共同統治?」の状況になるし、皆何故か「我ら(本当は王子だったり従者だったり立場色々で、本当はかなり高い身分なんだけど)反乱同盟隊!」というド○えもんズみたいなノリで、敵国から結構近い位置だけど謎の力でそこそこ居所が見つかり辛い(見つからないとは言っていない)謎の森に見事な居住空間を整え、協力体制なんだから同じ家に住めばいいのに出身国ごとに別世帯を構えて棲んでいるというよくわからない状況で、全体的にごちゃっとしている。他の要素気になりすぎる。白雪姫どこ行った。

主人公の容姿はがちがち白雪姫なのですが、その美しさを表現するために分かりやすい「金髪青目」みたいな記号にせず、黒目黒髪でエキゾチックな美しさで表現したのは好印象。ただ、服にリボンがこれでもかってほど付いてた。
直球で「この人は美しい人」とはっきり示されたのはなかなか珍しい。というかこういうゲームの話なので、「平均的な容姿だけど云々」と言われるよりは振り切ってて好感を持った。
特に目立った粗もないし、登場人物も皆一般的な恋愛ゲームのセオリーを踏んでいると思います。一部を除いて。
あれです。悪い人に見えても大体いい人という奴です。
なんだろう、こう…、全体的に激辛炒飯だと思って頼んでみたら、パプリカ炒飯だったみたいな……。

基本的にすべて本当に穏やかに進んでいくので記憶からぽっかり抜け落ちそうですが、主人公とあれやこれやになったときに、彼女がフル装備で着込んでいるのに相手が一人で全裸になったCGだけが忘れられない。


【魔女王】
主人公が魔王(仮)で、相手が勇者パーティ。人間と融和派(というかめちゃくちゃ人間贔屓)の主人公ローズが、乗り込んできた幼馴染含む勇者パーティをなだめすかして融和を図る話。

主題はいい。RPGを多分に意識したアイキャッチ的演出もいい。平和主義で融和派でかなり人格者な主人公もいい。昨今の影響か、勇者と魔王という組み合わせてゲームを一本作ってみようとした心意気もいい。
ただ、なんだろうか……。望んだのは果たしてこれだったのか…。私はこの店に入ったとき、これを食べたかったのか。ベトナム料理屋に入ってカルボナーラ食べて出てきた感覚。なんで自分はフォーを食べなかったんだろう。カルボナーラなら他の店でも売っているし、そもそも何故この店に入ったのか…。

魔族と人間が対立しているけど、それを何とかしたいという彼女の意気込みはよろしいのだが、本当に主人公が行きすぎなレベルで人間贔屓。
人間である私としては喜ぶべきなのかもしれないが、この子に実権任せたらきっと魔族滅ぶと思った。穏健派なのはいいことですが、もう少し自国の利益を考えてはどうだろうかと老婆心ながら忠告したい。融和が最終的には良い道なのだろうが、それに至るまでに謀反が起きると思う。部下の有能さに救われていた。色々問題あるけどね。

本当に、全体的に安全でいいとは思う。
元は嫌われてたり、ちょと距離置かれてたり。そういうのがまったく関係なくなって、何故か何とかなる。色々背景に物騒なことがあろうが、被害が出ようが、問題を先延ばしにしていようが何とかなる。
ただ、その……なんというかな。そういう安全でなんかほわっとしていて特に目立った対立もなく解決に向かう話なら、御社独自の切り込み方があったと思うのが悔やまれる。より多くの層に対応したのでしょうがね。
恋愛物である作品で、感情の機微に寄らずはっきり「私今好きになったよ」と口にさせてしまったのも痛かったなぁ……。
ちょいちょい言葉選びが疑問ではありました。

移植後はED後が追加とのことですが、…まあ、解決しないといけない部分がありましたからね!



話は別ですが、『ブラックコード』は絵の入れ替えよりも続編が欲しかった…。ありがとうございました。
スポンサーサイト

2015.09.16(Wed) | QUINROSE |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。