プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『里見八犬伝~八珠之記』全体感想
信用買い。

里見八犬伝 八珠之記 (通常版)里見八犬伝 八珠之記 (通常版)
(2014/02/27)
Sony PSP

商品詳細を見る



下記ネタバレ感想


原作持ち、『南総里見八犬伝』を基にしたゲーム。主人公の信乃が女性に、原作での許嫁・浜路を男性にした話ですが…。いや、なかなか。

実はこれの前に発売した同ライターの方が書いた『大正鬼憚』をやったのですが、その時もこのライターの方はいい仕事をすると思ったので、信用買いでした。
原作での細かいネタ(例:八犬士は傷の治りが早い)を拾いつつ、きっちり話を進めて乙女ゲーやってました。素直に感心しました。二次創作では捨てられてしまうようなネタも入ってましたし。

原作は100巻越えの大作なので、どうやってまとめる気だ?と思いましたが、各ルートで話を分散させることで対応。結構忠実な方だと思います。見せ所はきちんとしている。それも伝記方面に。
かなり幅広くネタもってきた感じなので、見た目よりも長編だったような印象を受けます。

結果、「乙女ゲーの展開なら助かるだろ!」というものも助からなかったり、主人公たちは終始お尋ね者で、怪我や死人がごろごろ。血しぶき飛び交う展開に。ご都合主義なしで行きます。正直、まったく元を知らないでやった人はショックを受けるのではないかと。
それ以外の面ではコメディな部分も忘れていないので、そこは安心。そしてアダルト描写も強い。あらゆる意味で年齢層上なゲームです。
あまりに原作準拠なので、「あー、FDは関東大戦かなぁ」と終盤思った。

あと、同社初ですね、デフォルト名呼び。これは原作で名前があったせいなのか、今後はありになるのか…。以前うっかりでデフォルト名入っちゃってたのはありましたが。
あった方がありがたいなぁ、やはり。


***

【犬塚信乃】
男装の女性ですが、武士。心の持ちように反応する刀、村雨丸を使う。
勇ましい、というか覚悟もあるし冷静だし、結構強いし隙がない。でも可愛らしさも忘れてない。大好きです。
設定上、勇ましいとか凛としたという子は結構いますが、彼女はかなり頑張った方だと思います。結果ずっとお尋ね者で追われ続けています。原作持ちなので、それに準拠した結果悲惨な目に遭います。

後に「八犬士一の刀の使い手」という評価を仲間と主がしてくれるんですが、これは決して嘘でも誇大広告でもない。
何故なら作中での強さ描写が、

現八>小文吾>毛野>道節≒信乃>荘助>大角

であり、且つそれぞれの獲物が

現八:長十手  小文吾:棍棒  毛野:手裏剣  道節:札 信乃・荘助・大角:刀

だから。嘘はついてない。彼女は八犬士一の剣士です。ていうか荘助と大角頑張れ。

鈍感な子ではありますが、恋愛の方向性が「憧れ」「尊敬」から発するのは、性格設定上得心が行ってよかったです。恋愛の鈍感が結構なもので、好きになるのは時間がかかってもそれを本人に言うのがかなりうっかりのせいだった。

ただ、彼女自身も憧れられるような格好良さを持った人なので、相手からの憧憬も集めます。信乃が女性だと知らない面子は男惚れしてたりもするし、最終的に結構な確率で「男でもいいかと思った」みたいなことをおっしゃる。この攻略対象たち、器がデカい。


【犬田小文吾】
気のいい大男で、とにかくいい人なんだけど、いつ信乃に惚れたのかは不明。信乃がいつ惚れたのかもやっぱり不明。
長ーい原作のネタを消化するため、各ルートで出現率や出るタイミングが違う攻略対象の中で、宿屋の息子という特性を生かし結構出てきました。

直情型であるらしく、信乃が女と分かる前に惚れ、悩み、その後「男でもいいかと思った」的なことを言い出した時はこいつ凄いなと思った。
それ以外の面でもいい奴なので、清涼剤的な役目はあったと思う。ただし、彼は本作のセクハラ担当だが。
自ルート以外でも直情型。全裸仁王立ち、胸触られる、信乃の裸を見ては「いいもの見させてもらった」などの発言が続き、よく信乃は彼がいいと思ったなと思った。女好きな面もあるので、他ルートでは本筋に警戒されていた。

ほぼ毎度、信乃は小文吾の父の代わりに首を差し出せと言われるわけですが、彼のルートではちょっと考えて「よし、腹を切ろう」と潔く切腹しようとする。他のルートでももうちょっと粘ったんですが…。

【犬坂毛野】
原作知ってれば当然ですが、本来は男性。最初から信乃を女性と知っているので、ずっとからかわれた。それから男性であるとカミングアウトするわけですが、自分の美しさには絶対の自信がありそこだけは決して揺らがない。
「私ほどじゃないけど、あなたにも魅力ある」「なんかよくわかんないけどあなたに惚れたから責任とれ」「確かに貴女は色気はないけど」みたいな枕詞が続く。
が、かなり漢らしい性格で妙に思い切りが良く、「戦いの前は子種を残したくなる」と言い出した時はこんなストレートな発言する奴初めて見たと度肝を抜いた。

彼は結構な間女性として出ているため、信乃が彼に対して妙に執着したりうっとりしてたりと危険な方面に走っている。そもそも、この頃は本当に毛野が女だと思っていた頃なので、毛野の内面に気付いたのかなんなんだかよくわからないけど、信乃は骨抜きにされていた。
他ルートでは旅芸人の立場もあって偶然出会うに任せる感じ。協調性ってもんはないのですよ。彼と道節の出現率の低さったら。
彼の凄いところは、信乃の容姿設定(男装か女装か)に合わせて自分の性別を決めること。「信乃が男として生きるなら、自分は女でいるよ」という調整が効く。ある意味では他みたいに衆道疑惑からも逃れられる、上手い手なんだが…いいのか?


【犬飼現八】
メンバー中もっとも強い。元獄舎番の脱獄犯。

信乃が憧れる武士で、信乃以外の面子からの憧憬も集める。口数少なく、落ち着いていて、嘘偽りのない真面目な人です。そして面倒見が良くて性格もいい。結構相談役をやってもくれた。隙がないな。
察しもいいので、驚異の4章で「女だろ」と言ってきた。毛野は立場上当然気付くとして、他のメンバーが聞かなきゃ気付かないする中で、どのルートでも唯一初対面で気付いてた。それで特に騒がず黙っててくれた。本当に隙がない。

大角ルートで苦労した事件も、他ルートでは彼が独力で解決してきたりする。もうお前一人でいいじゃんと思うこと多々あり。正直、他人が介入しなければ一人で解決できる。
この話、信乃たちが追われる理由は色々あるんですが、結構現八が絡んでる率が高い。そのせいか、担当イベントが皆残酷な話。

彼のルートではほとんど二人で行動していたので、信乃憧れの存在(武士として)だったのが恋愛に代わるのもまぁ納得。
彼女の刀は心に迷い(恋愛感情)が発生するとおかしくなるんですが、その際に現八に「刀どうした?」と聞かれて、「ああ、この刀私の恋心に反応しておかしくなるんですよ」と答えたのには度肝抜かれた。現八も「え、誰のことが好きなんだ?え、どういうこと?」と困惑してた。可哀想に。

また、「男でも好きになっていた」という発言をする人や「当面は君が男のままでいてもいいよ」という人はいるが、その中でも「一生衆道と思われていても構わない」という異彩を放つ宣言をした人でもある。す、凄いぞこの人。祝言挙げなくてもいいと来た。


【犬村大角】
現八の脱獄を幇助した張本人で、本人はあまり強くない。
現八や信乃の強さに憧れているけど、それをはっきり口にしてくれる。信乃と二人で「現八さん憧れるよねー」みたいなこと言ってた。信乃が男性だと思ってた頃から結構、憧憬兼恋心らしきものはあったらしいので、ちょっと危険も感じる。

このルートでは彼の幼馴染・雛衣と父・一角は亡くなってしまうのだが、雛衣は大角が好きで…。
そのあとでお互いの告白があるんですが、「雛衣のことがあるので、今答えることはできません」というのは非常に良かった。例え彼が雛衣のことを恋愛的な意味で見ていなくても、自分を思ってくれた女性の死を悼もうという姿勢はいいと思った。
世の中には、自分のことが好きだった女性が、自分をかばって死んだその日に別の女と山小屋でいちゃついた奴もいるからな。
信乃も「別に恋人になりたいわけじゃなくて、言っておこうと思っただけなんで忘れてください」と潔かった。
世の中には、恋人(しかも自分の姉)が死んだ直後に思い人(しかも自分の兄)に告白して振られて陸の民を滅ぼそうとしたメルネスもいるからな。

ただ、やはり最後は狼さんになるのだが、それを仲間に咎められた後で「雛衣のことがあったので、いつまで生きているか分からないから思った時に行動すべきだと思った」と言い出したのにはシャラプ! いい話風にするんじゃねぇ。

【犬川荘助】
幼馴染で旅にずっとついてきてくれる人、なのですが…。

辛かった。ずっと辛かった。彼は浜路とともに本作の「初めから好きだった」枠ですが、ぽっと出の人たちと信乃が一緒になるたびに沈痛な面持ちで送り出してくれる姿が本当につらかった。たまにもう二度と会わない感じなのも辛かった。

決してすごく強いわけではないけど、信乃を女の子として守ってくれるし、鉄の理性で好意を口にはしない。信乃の支えだったのですが、彼がいると信乃がべったりになるのでだか原作のためだか、大体別行動。ほぼすべてのルートで殺人の下手人として処刑されそうになったり、投獄されたり。それもこれも全て信乃のためにと頑張った結果だったり。
誰ぞのルートで相手と同衾した朝、部屋に入ってきてひきつった顔で戸を閉めた荘助を見て悲鳴を上げた。私が。
誰ぞのルートで自分をぼこぼこにして彼女を攫っていったのに、いざ再会してみるとその犯人と良い感じになってて苦虫かみつぶした顔をしていたのにも泣いた。私が。
誰ぞのルートでみんなの前で信乃がキスをかましたスチルで泣いていた時にも泣いた。私が。
「法師様なら(出家してるから)安心だね」と信乃を任せたのに、還俗して信乃をかっさらわれたときにも泣いた。私が。
最終的に「君のために生きてきた」と言ったとき、他ルートが存在するに対して罪悪感しか感じなかった。ごめん、ぽっと出に付いて行ってごめん。

ただ、彼のことも浜路のことも幼馴染としか思ってなかった信乃が、二人から告白されて「さあどっち選ぶの」状態になった時は信乃が可哀そうだと思った。「こっちに迫られた、助けて」と片方に庇護を求めたら、「そんなの羨ましい」ともう片方も来る。可哀想、信乃が可哀そう。

思い通じて以後は盛りの付いた犬状態ですが、許してあげてほしい。
信乃と祝言挙げたい。女の子に戻ってほしいと直球で言う人。


【犬山道節】
信乃の刀を狙う妖術師。…この「妖術師」という言葉、一発変換で出てびっくりした。

彼は決して弱くないのですが、田舎のヤンキーみたいな小物感がある。現八には「ああいう奴はなんだかんだ長生きする」と評された。
上に書いた強さ順について、信乃と道節を「≒」としたのは、彼と信乃の実力が拮抗しているというより、武器の相性による。火VS水なので、信乃の村雨丸が実力を出し切ればまず負けない。でも普通にしてれば道節のが断然強い。

荘助の後にやるんじゃなかった…。
彼ルートはもうさぁ…、孤高を気取っていたヤンキーが真面目な学級委員長と出会い、妙に執着しているうちに委員長が女だと知ってもっと執着して周囲を威嚇する、みたいな状況。
道節にひたすら嫌われて、自分をボコした賊に好きな子を取られたり、威嚇される荘助が可哀そうだし、ずっと面倒見て恋愛相談にまで乗ってくれる現八に申し訳ないし、道節しっかりしろ。途中からは「現八と荘助のところに帰してくれ」と祈った。
そんな道節なので、他のルートで憧れることが恋愛の条件だった信乃が、全然憧れない。「放っておけないなぁもう」みたいなことから好きになる。しかも4章くらいで。
道節も好きだと騒ぎ出すのがめっちゃ早い。すごいスピードで手出そうとしてきて驚いた。他の皆さんは最終章やその手前まで何も言わず待っていてくれたり、一切手を出さなかったりするんだぞ!未遂だからって許さんぞ!

彼は基本他ルートでは襲って来たり道に落ちていたり(そのままの意で)と単独行動が多いので、仲間と一緒にいる機会が少ない。それを払しょくするように自ルートでは仲間がずっと一緒の感じで、わいわいして掛け合いが楽しいです。FDあって、完全オリジナルにするならこの感じがいい。


【丶大法師】
信乃たち八犬士を探している法師。

まさかこの人を攻略対象に持ってくるとは…。
元伏姫の婚約者だった人ですが、伏姫が八房に攫われて、見つけたところで八房を狙撃するが誤射。伏姫を殺した罪悪感から出家して、以後八犬士を探す、と。八犬士の父的存在でもある。原作では。信乃より20歳上なので、時代的には結構の高齢。
本作では破戒僧ですが、一応法師ってことで周囲の信頼はある。バッドEDなんかでは要所要所でいい働きします。
一応。本人は伏姫のことを引きずっているのですが、まぁ乙女ゲーなので「愛情が別物にすり替わってる」ということで解決。しかしこの場合、伏姫可哀想だったな…。

作中の誰よりも信乃が男に見えると連呼していたので、女とばれてから態度が変わるのには「こいつ女好きか」と思ってしまった。まあ、言われるまで絶対に気付かない大角とか道節とか小文吾ってのもいたからな…。
そこからもうころっと態度が変わるので、今まで散々殴られたのはなんだったのかと…。

ストーリーの主軸を持って行ったのには原作ありきで考えると実に妥当。『南総里見八犬伝』ってのは丶大の話でもあるので。


【浜路】
荘助とともに信乃の幼馴染で、「元から好きだった」枠。しかし攻略対象外。まぁ、荘助のルートでそれらしいのはありますが。

彼は本当に、なんというか…。
各ルートで行方不明になりますが、それは信乃のためだし、ほぼどのルートでも見つからない。そして出てくる荘助ルートでは、ひとつを除いてどうあがいても助からない。もう、本当、知ってるけどさぁ…ご都合主義ってやつをさぁ…。
正直どこまで原作に寄せてくるか分からなかったので、死ぬんだか生きるんだかハラハラしながら見ていた。

彼が死の間際何度も「生まれ変わったら」というのは、原作における許嫁浜路も死に、その後浜路姫(別人)に憑依する形で信乃に思いを告げたことのオマージュだろう。
本作では大角の父も死後普通に幽霊として現れ、「実は自分はこんなことがあって死んだんだよ」と結構長話をしてくれたので、彼の幽霊くらい出てきてもいいんじゃないか?彼は未練の塊だろうし。

彼EDと言えるのは皆死別ですが、中でも彼の菩提を弔い信乃が出家したのには驚いた。でも荘助もそれに付き合ってくれるんだから、これはどちらED?

…FD待ってます。




新兵衛が伏姫の妖術かなんかで急成長して、浜路がなんやかんやあって転生するFD待ってます。
スポンサーサイト

2014.03.30(Sun) | QUINROSE |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。