プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『スクール・ウォーズ 卒業戦線』全体簡易感想
少し時間がとれたんです。

様々コメントありがとうございます。気を使っていただいてすみません。申し訳ない。じわじわ返させてください。


以下簡易感想ネタバレ有。雑。



プレイ時間:前作ととんとんだった覚えが。

FDっていうか…『2』ですよね、これ。

学校に文科省からの査察が入るのを全力でごまかす話。

ロゼさんのいつもどおりの「恋愛関係にならないノーマルEDからの云々」かと思ったらそうではなくてそれなりに驚きました。一人だけ例外がいてあまりに哀れだったが。
前作でわかってたことですが、全員いい人なので妙に安心感あります。あと多分ココと『怪談ロマンス』が同社内で群を抜いて婚前交渉描写率が高いです。さよなら貞操観念。

前作で少し残した謎の回収と、攻略対象たちの降って湧いた過去話と、誤解されやすいおじさんと、あと会長が攻略キャラに参加です。



【一条 栞】
相変わらずです、一条さん。相変わらず活動的だし、恋愛関係にとてもイケイケ。全然物怖じしないのな。
前回は金のため、今回は高校生活の締めとして会長のコマとして働く武闘派で活動的な彼女がとても好き。
卒業後の彼女が結構普通の道に進むのがデフォのようで、残念でならない。

前作での立ち回りを踏まえ、周囲からの信頼が厚くてほのぼのした。どう見ても不良系統な人たちが彼女の言うことを聞いたり、信じて協力してくれる様にちょっとグッと来た。
でも貞操観念はザルだ。

あと最後にぽろっと明かされた謎の回答、「なんでこんな学校にスカウトされたのかわかんなかったけど、実は養子で本当の父親はなんか軍人とか暗殺者みたいなのだったっぽいけどまぁいいか」で終わったのは衝撃。

【塚本 久光】
まさかこいつだけ関係がまったくリセットされているとは…。
最初に攻略したので「ああ、いつも通りみんな『お友達で終わりました』系か」と思ったらそんなことなかった。彼だけ関係が前作の当初に戻ってた。全部なかったことになってた。

なもんで大体前作と同じ流れをたどるわけですが、彼はちょっと執着強すぎですね。
最後に学校をつぶそうとしている連中を追い込むにあたって、一条さんとゆかいな仲間たち(攻略対象)で円陣を組むのは集大成っぽかった。

【岬 深也】
確かにいい人だけど、ちょっとがっつきすぎだと思う。

完全恋愛状態から始まるもんだから、ずっと彼の熱烈なアピールを聞かされることに。いや、凄いですね。
彼は友人くらいがちょうどいい。友人ルートの彼が至高です。お助けキャラのポジでいてほしい。

エピローグで岬の部屋に這い寄るため匍匐前進やった一条さん。彼女が軍事技術を使う数少ない場面。

【比佐 将文】
前作仲良くなったけど、いまいち関係がはっきりしないで一条さんの片思いかなー?でもあっちはどう思ってんのかなー?状態開始。両片思いっていうんでしたか、こういうの。

開始状態が良いので、前作と比べて角のない比佐さん。本当、前作の最後のあの写真はなんだったんだ。
なんていうか人恋しい子なんだろうな。
一条さんっていう友達兼恋人が出来てちょっと楽しくなっちゃったのか、終始彼のテンションは高かった。
次の都丸と同等に株を上げてきた人。

【都丸 京平】
同じく両片思い状態スタート。そしてうまくいかない、彼からの感情表現。

本当にただのいい人。友人関係でも、パートナー関係でもいい人です。
所々気が弱そうなところが。塚本とは別の意味で献身的ですよ、彼は。捨て身だし。
「前作のOP以前からずっと好きだったんだよー。気付かなかった?」みたいなことをおっしゃるので、てことは前作OPでのルート選択の「一条さん恋人いないの?」みたいな問いかけはモーションかけてたんか。裏目に出たね。それにしても塚本もそうだし、一条さん年下からモテますね。

降って湧いたような「小さいころに死んだ弟」の話に、一体何故今この設定が?という疑問が尽きなかった。

【黒部 大悟】
段階は微妙だが、主従契約を結んだところからスタートだった。

一条さんの本領発揮だった。
「はよさっさと好きだといえや」のノリで、脱いで迫るわ勝負下着で迫るわ。彼女の男前さに黒部はかすんだ。いくら後から立て直そうとしても無駄だった。
女性の印象が強烈なルート、「既成事実つくろうや」「私と結婚して!」と宣言した一条さんがいい顔なさる。

一条さん無双な印象しかないが、どうしてか途中で唐突に謎解きゲームが始まってそこそこ困惑した。

【氏家 樹】
恋人状態スタート。
前作での一応のメインキャラだった彼だが、生徒会長に追い落とされた感あり。代わりに変態性癖を露呈された。哀れ。

手違いで一条さんと手錠かけたままの生活になるんだが、その間にパーティに強制参加させられることになり、「手錠に薔薇の蔦とか巻いといたらオシャレアクセサリーに見えてその場凌げるんじゃね?」には「そんなことない」と真面目に抗議したい。

【苗苑 央士】
今回で昇格、生徒会長。正直彼が全部持ってった。
学校つぶそうとしてる人らが自宅周辺を張ってるから、て理由で一条さん家に同居してきて、そこから少々のすったもんだあって「なんとなく最近好きになった」みたいな告白受けて付き合うようになった。
常々この「最近好きになった」系攻略対象は「昔から好きだった」系に譲ったってくれやと思っている。

前作で只者じゃない感あった会長ですが、いざピックアップされると結構普通の人です。この作品がいい人以外ださないのは知ってたから規定範囲内に着地するのは知ってた。

家庭のしがらみから離れて一条家に婿養子に入るぞー、で終わった彼のルート。どう転んでも上手くいきそうなので安定感ある。
あと彼の正体?が作家で、『学園戦争』と『卒業戦線』という一条さんをモデルにした小説があるという話が出てきて「このゲーム全体をこいつ全部持ってった」とおののいた。さらば氏家。

理事長の過去を知る人物から「若いころの理事長に生き写し」と散々言われているので、彼は将来はげない。おめでとう。



さよなら一条さん。
おつきあい頂きありがとうございました。

スポンサーサイト

2013.09.03(Tue) | QUINROSE |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。