プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

B’sLOG 3月号(2013年)購入
最近、二次元の女の子(特に制服)のスカートの丈の短さについての認識を改めた。
あれはスカートが短いんじゃない。大腿骨が長いんだ。



【B’sLOG 3月号(2013年)】

【STORM LOVER 2nd】
どうやら前作キャラが4年後の姿で本格的に出てくるみたいですね。・・・元々6人そこらも見分けられなかったのに、2倍になっただと・・・!?
ただ、全員ファッションモンスターもといオシャレさんなのでそのあたりで見分けるべきか・・・。

【青春はじめました!】
>Q:ボリュームはどれくらいありますか? A:『スタスカ』6本分に相当する分量です。

お・・・?どういうこと???
『スタスカ』さんは元々1本あたり3人攻略。いわゆる分割系で、でもってそれを4つにしてたわけで、『青春』はそれが6本で・・・。???計算が難しい!
とにかく多いんだな!わかった!

W主人公で男の子主人公で女の子が攻略できるというギャルゲが可能という事で、私大変興味深く見ております。乙女ゲー作る会社が作ったギャルゲーってどんな風になるのか見てみたいという野望が叶いそう。

【お姉ちゃんとおやすみCD】
・・・きた。ちょっとロリっぽいけど、来た。
『羊でおやすみシリーズ』のお姉ちゃん版ですよ。皆口裕子さんと折笠愛さんだそうだ!どうして私は声優の方に詳しくない!全然イメージが分からない!

【AMNESIA CROWD】
元祖乙女ゲー界のファッションモンスターたち。もう、首にベルト巻いてるシンも、元祖ベルト魔人ケントは寝てるのに半身拘束されてるし、アムネシア界の男性陣は体拘束されないと落ち着かないんだろうか。
とか思ってたら、トーマが「とある経緯の末に」とかいう軽い書き出しでマサコ(主人公)に手錠掛けられてた。流石トーマ、拘束のレベルが違ぇ・・・。てか何故だマサコ、本編の復讐かマサコ。

まあ、そんなこと(男性陣の拘束具)は置いといて・・・。
新衣装マサコをありがとう!白ベージュ系の衣装かわいいです!まぁかわいい!本当にかわいい! メーカーさんはシンとトーマのぬいぐるみ作ってる場合じゃない。マサコを、マサコをフィギュア化するのです・・・。

【下天の華】
いつの間にやら、3月14日に発売なさる。しかしこのパッケージの主人公さんの躍動感半端ないな・・・。めっちゃ光ってますよ。

【裏語 薄桜鬼】
噂は聞こえてましたが、ずっと「うらご」と読んでいた。まさか「うらかた」だとはな・・・!

てわけで『薄桜鬼』シリーズ(でいいのかな?)の新作。攘夷派側の話、ということで高杉晋作とか桂小五郎とか、そのあたりの話ですね。
まあ、こちらはそろそろオトメイトさんの屋台骨になっているので内容如何はさておいて、一定の設定を踏襲した歴史ものは名前引き継ぐしかないでしょうねぇ。でっかいシリーズ名なのだと思います。そろそろ次のシリーズ出すしかなかったのでしょう、もう移植する先も残ってないくらい『薄桜鬼』移植してるし。大丈夫、『FFシリーズ』だってもうなにがファイナルで究極なのかわからないし、『ドラクエシリーズ』だってドラゴンをクエストしてないから。

前作から作画の方は変わるが、作中人物は出てくるようでそのあたりとの関係の話もあり。現時点は4人しかいませんが、グラバーつっこんできたのが面白いなと。そこ出すのかと。
しかし私個人の話ですが、こういう幕末もので長州勢あたり出てくるとちょっと町おこし的なものにならないかと期待してしまう。『遥か5』も長州で話が進んだのですが、背景が江戸と共通でがっかりした・・・;『遥か3』のときは結構細かく変えてたのになぁ。ということで、背景頑張ってほしいです。『薄桜鬼』ほど盛り上がれば何か期待出来んだろうか・・・。

【スクール・ウォーズ~卒業戦線~】
ほら来た。そら来た。『スクール・ウォーズ』FDです。
このあおりの「続編が早くも制作決定」がシュール。「制作段階から反響」があったから作られたようですが・・・、んまぁ出来がよかったからいいか!
桜の下、武器(なんか形状面白)構えて整列する図がシュールで初見笑ってしまった。

【VitaminR】
前々から特徴的ではありましたが、そうか・・・『ヤマノテ』さんの絵柄に近いのか。主線が細い細い。
「悪魔のヴァイオリニスト」「月夜のヴィオラ」etc・・・と皆様患っている煽り文句をお持ちで、実に平常運転である。

【月影の鎖】
まーったくもって色合いが綺麗ですね。切り絵のよう。そういえば主人公はめぐみさんとおっしゃるらしい。

【天部衆に癒されCD】
これを演じられた方のインタビューだが、言葉の端々から伝わる戸惑いに笑った。「不動明王になる機会はなかなかないので、貴重な体験でした(笑)」とのことだが、こちらもまさか天部衆なんて単語をこの紙面で見ることになるとはな・・・。



今回は新規で発売日の告知などが少なかったように思う。決算期(3月)が近いからか?
スポンサーサイト

2013.01.22(Tue) | 読書感想文 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。