プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『ワンド オブ フォーチュン』全体感想
・・・別にゲームをしてなかったわけじゃないんだ。むしろずっとしてたんだ。
ただ終わらなかったんだ。

そう・・・

ワンド オブ フォーチュン ポータブル(通常版)ワンド オブ フォーチュン ポータブル(通常版)
(2010/06/10)
Sony PSP

商品詳細を見る


『ワンドオブフォーチュン』が。

下記全体感想。ネタバレ過多。


SIMPLEシリーズ5000:THE 賽の河原

例え過去に制作されたゲームだとしても、しても(泣)!当時まだ乙女ゲーが一般ではなかったとしてもだ!(号泣)
作業ゲーなのはいい。むしろそういう作業をものともしなかったり、それを楽しめるゲームすらあるから。しかし何故各種イベントやルート確定をラスト最終週にまとめた。発狂しそうだったわっ
ひたすパラメーターを上げる作業が続くうえに、一回ずつスキップが途切れる仕様に閉口。
初めて本格的にシステムに難癖をつけたくなった。今まで意識したことなかったけど、スキップ機能の継続って大事。どうしてマップ画面になるごとにスキップ切るんだ(嗚咽)、どうして勉強する相手の教師選んだ後にもう一回勉強選択しなきゃいけないんだ(落涙

・・・は、さておきまして。

ストーリーは、
魔法使いとして属性のない【無属性】の主人公ルルが、魔法学園に通い、人々と交流する中で魔力を鍛えたりなんだりして属性を手に入れよう
という話。学園物ですよ。
全体的に上記の作業等のありますが大変長く、プレイするには根気が必要かなと感じました。

売りの一つと思われる絵柄は大変綺麗。場面によってはアニメ的な見え方もしたので、特徴的と言えるかもしれない。このあたりについては私以外の方の方が詳しいと思うので割愛。とにかく女の子の書き方と、男性の筋肉の筋なんかが目に留まった。

しっかし作中ほとんど言及されないが、教師陣がまさに下衆の極み(カッ

「最終試験のパートナー選んでね。それに合った試験にするよ」

で、起こることが人死にがほいほい出そうな事件。教師が起こしていいというのか!?鬼畜かっ!生徒の命を何と心得る。大体パートナーの適正に合わせた試験って、それルルの試験じゃなくてパートナーの試験だろ!
・・・実際9割方そのとおりだったんだが。

おお、そしてなんとも忘れられない、選択肢の不条理さ。本当に何を選べばいいのかわからない。というか選択肢の内容に差がなかったり、選んだ言葉とその後に続く意味の解釈がそぐわなかったりで「一体お前は何を言いたいんだ!」と机をドン。ルルが何を言いたいのかに一貫性がなくて苦労した。大体、選ぶべき選択肢に統一性を持たせろよ(泣

例>
×「そう思う」
○「そう思うけど・・・」


わかるか?この選択肢の上下に一体何の差があるのか・・・。


こちら非常に人気のある作品であるらしく、つい最近ラストとなる『ワンド2FD』が発売された。なんとかそこまで行き着こうと思う所存である。
以降はさほど作業ではないと聞くし・・・。以下攻略順に個別感想



個別感想
【ルル】
思った以上にロリ。そして清い。心が清廉。清すぎて汚れた私には見えない(泣
本当にどこに住んでたらこんなに清いままなのかと思えるほどに、世の中の不浄という物から切り離された聖域みたいな子だった。私が操作するのを申し訳なくなるくらいには。

のわりには、ルートによっては凄いスピードで男女間のあれこれを受け入れたりするので、影響されやすいタイプなのかなぁ。
見た目なかなかごっついゴーレムにたいして「プーペさん」呼びしてビビった。「うんうん!」「お花」「お星さま」など、ゆき様(『遥か5』)系かなぁと。
素直で純粋で頑張り屋でかわいくて・・・。モテ要素をすべて突っ込んだようなルル。そりゃあモテるだろう。男性受けしそうな主人公だなぁとしみじみ思った。

こんなに素直でいい子でかわいくて(略)なのに、何故か選択肢についてはこちらの意図とはまったく明後日の方向にすっ飛んでいく受け答えをなさる。違うそんなことが言いたいんじゃない。
というか、彼女は非常に清い子なので、私基準のものの考え方とはたぶん違うんだと思う。
私が毎日のルーチンワークのいう名の賽の河原の石積みに卒倒しかけていたとき、彼女は毎日

ルル「今日もいろんなことがあったなぁ」

とおっしゃっていた。私の目には見えないイベントの数々が、彼女の全属性のすべてを見通す目には映っていたんだと思う。

【全属性ED】
どのパラも属性も均等にあげていった結果たどり着くED。その後の展開から察するに、これが正史であるらしい。
最終試験のパートナーを選べなかったルルが、いろんな人の力を借りたり借りなかったりして全属性(無色ってやつ)を手に入れてED。

ルル「私の大切な人たち・・・」

とかかわった記憶がない。発狂しそうだった。

【ユリウス】
異文化交流

ルル「うーん、うーん、どうしよっかな!」
ユリウス「意味が分からない」

天然に天然ぶつけんじゃねぇよ!
私もわからない。ルルは思った以上にロリロリした幼女感ある子だし、ユリウス君はまるで戦隊もののロボットに目ぇ輝かせるような純粋なタイプの子だった。彼らに恋愛するよう仕向けている自分が汚れたもののような気がして・・・気どころじゃないんだが居た堪れない。
あまりにも清い子たちなので、とても初々しい恋愛過程を見せてくれた。

最終試験でコカトリスを捕えるというが、失敗してルルがじわじわ石に。先生らに怒られるけど、即死かじわじわ死ぬかみたいな鬼のような試験内容にした先生らの方がよほどおバカさんだ。
よくわからんなと思ってたが、石化して昏睡したルルの手を握りながら白目向いてる(ように見える)目の座ったユリウスを見て胸に来るものがあった。
コカトリスさんもうまい具合に何とかして(よく分からん方法で)、風属性手に入れて好きだよ的な感じでED。・・・これ、ルルの試験か・・・?ユリウスが全面的に頑張ってた気がするんだが。告白されて慌てて「私そんなにかわいくないし」「ちょっと女の子らしくないとこもあるし」etc・・・。喧嘩売ってんのか!!ルルがかわいくなかったら他の女子など目も当てられないじゃないか!

【アルバロ】
言わせてくれ・・・。学校サイドは鬼畜ばかりか!

アルバロ「実は俺、闇組織の人間だったんだ。騙されてたお前が悪いのさ。」

・・・だとしても、何故元々危険だと分かっている相手を放置した学校。
学園の防衛機能を廃棄して「さあこれが試験だよ」と言う教師陣。それを壊しちゃったアルバロさん。
・・・正直、アルバロさん悪くないだろ。

アルバロ「こんなもの(防衛システム)をさらしちゃうとか、あいつらイカレてる」

せやな。ホンマせやな。

アルバロ「愚鈍なお前は気付かなかったけど」

せやな。ホンマせやな。アルバロさんめっちゃヒント出してたもんな。俺悪い奴ですって全身で言ってたもんな。気付かない方が悪いよな。
大体教師方々は「いつヤバいことやるか見てた。やってくれたらこっちもや(殺)りやすいのにー」と言っていらっしゃるが、お前アルバロさんとルームメイトにされた生徒の気持ち考えたことあんの?
何故そういうやばい奴だってわかった状態で周りの人間は何も言わない。周りみんな(ユリウス除く)はずっと彼のヤバさに気付いてたみたいだし、何 故 は っ き り 言 わ な い 。
「アルバロやばい奴だから気を付けろよー」なら警告しろよ。いざ馬脚を現した時点で「ほらな」って言われたとしてもそりゃあルル仕方ないだろ。

大体毒薬目の前に出して「賭けしよう。飲む?飲まない?」→飲んだら死ぬ、・・・って雑!
ひねろう!?アルバロさんひねろう!?いや、もう世界観的に妙だから辞めよう!?君はこの世界にいるべきじゃないんだよ!

元々裏組織の人間で、学校側黙認してたし楽しんでた。けどもう勉強することもないから、どうしようかなぁと思ってた所、ルルの卒業試験の相手っていうお役目が来た。
なんと試験のために学校側が『学園を守るため』の『なくなったらかなりヤバい』防衛システムを取り払った!そしてその制御装置を探すことが試験だってー!?
これはチャンスじゃないか。どうせつまんないし、俺やっちゃうぞ。まぁ死んでも構わないし、ルルと共有の時限爆弾つけちゃうぞ。そのときは俺も死ぬけど、まぁいいよね。

・・・どう考えてもアルバロさんに非がない・・・。

最終的に死ぬまでアルバロとお互い命を縛りあってEDだったが、正直ルルと縛られるのとか罰でも何でもないよなぁ。ごほうびだよなぁ。アルバロさんも言っていたように、本当に逃げたかったらその場で首かき切って死ぬよなぁ。
その呪い(?)が完成した途端「やったねおめでとう!」と出てくる学園長ズ。まさに屑の極み。

もっとうまいキャラの使い方があるよなぁ、と終盤ずっと「マジか・・・」「おい・・・」とへらへらしてた。何度でも言おう。アルバロさんが言ってることは正気やで。
まあ最後の「あなたが私に恋するの」のルルさんにおお・・・と唸ったことは確かだ。


【ノエル】
自身かの少年っつーか、この子すぐにネズミ講とか引っかかりそうだなぁ・・・。普通に不安。
ユリウスの自称ライバルって感じだが、要は「学士」と「魔法使い」の差か。

なんっつーかもう、心が清い!
汚れた世界で魂の表面がやすり状になった私の目には痛い! 演劇の内容が可哀想で泣くとか、このやすりには(ry
それにしても彼はこの世界の住人からなめられている。この世界にあるか否かは知らんが、麻雀があったらいいカモにされるだろう。カモがネギしょってる。

おまけに唯一の掘出し物の魔法アイテムが身の丈に合ってないとか、小物扱いされすぎで涙出る。
しかしそれに思い悩み、試験の相棒中にやさぐれ逃走という凄い迷惑をやってくれる。おい、落ち込むのはいいがせめて代役を立てて行ってくれないか。
試験7日間中、彼のうじうじに付き合う期間が長すぎる。彼が思い悩む間に横からユリウスが的確な助言をくれて去っていったのが、ユリウスとノエルの格の差のようでまた哀愁を誘う。
彼にアイテムを返したり返さなかったりしてなんとか話を進めるが、選択肢わかりにくっ!

その魔法アイテムがお前さんの未来を摘むよ→よく見たら、ルルが近くにいればOKだわ

なら最初から言わんといてくれや。
でもノエルはちょっと小心者で、虚栄心の塊ですがいい子です。それを理解してやってるから、本人も言ってたけどもう癖で見え張ってるからどうしようもない。いい大人になりそうだなと思った。
しかし、良い話風になってたけど、「命が欲しくて暴走したゴーレム」の話が可哀想だった。試験の中でという事から考えても、教師陣が裏で糸ひいてるっぽいので余計に可哀想。壊されなくて済んだけど、「ノエルの魔力もらったからルエノ!」ていう凄いダサい名前にされたのも可哀想。

ついに試験中、一度の魔法。それも襲ってくるゴーレムからノエルを守るためだけの魔法しか使わなかったルル。これは一体誰の試験なのか、かなり真面目に考えた。

【エスト】
天邪鬼っつーか、警戒心の強い少年なわけですが、それに対してルルの「湖って冷たい所がエストと似てるよね」というのがフラグぶち折る気かとはらはらした。絶対傷ついた。「仲良くなりたいのに」とのことだが、絶対嘘だ。

試験での異変は「うろうろしてる霧」だったが、「うろうろしてる霧→秘宝→秘宝を求めてさまよう亡霊だぁ!」という到底たどり着けない推理には恐れ入った。絶対わからない。わかってたまるかぁ!
しかしアルバロもそうだが、エストもまた教師陣の屑っぷりをズバッと言ってくれる。
「試験のために亡霊叩き起こしたんじゃないか?」というエストの台詞に反論するルルだが、よく考えろ。教師陣は屑だぞ。危険だとわかって放置してるような連中だぞ。

一方、試験のために正体さらしてくれたエスト。顔に模倣が出てるけど、「わぁ機械人だぁ」と思った私はそうです、ネスティ(『サモンナイト2』)好きです。その文様は狂信派からの施術らしいが、それしきで「あなたエストだよね?」とは、エストかわいそ過ぎるだろ!ちょっと字とか紐みたいなんが体に書いてあるだけだよ!? ちょっと疑似古代種なだけだよ!?
霧をおびき寄せて引きずり込まれたエスト。確実に命の危機。それを助けてというルルに「んで、なんでここに来た」「それを解決するのも試験」という教師ズ。・・・この外道め。純粋に外道め。

というか教師ズは自分たちが古代種なためか、アルバロとかエストとか、放っておいても才のありそうな奴に厳しいな。私情挟みすぎだろ。
自分犠牲にして霧を封じるというエストに、んなもんあいつらに任せとけばいいんじゃいとわりと本気で。そもそもあいつらが呼び出したんだしな!

結構可哀想な境遇のエストさん。この学校の教師に心許さない気概、実に気に入った。

【ビラール】
片言王子様。外国出身の人。穏やかで人当りよさそうなんだけど、ちと人を食ったような人。非常にアラビアンな国のご出身らしく、ちょいちょい通常会話で「本国の女性は頭から布被ってて目しか見えん」みたいなことをいう。

しっかし今回の試験内容もまた鬼畜。いわくつきの花と精霊のせいで一般生徒が昏睡とか。生徒が裏山で倒れているのに一日放置する学校の試験・・・。
「命の方が大事だ、試験諦めろ」っていう殿下にすっごい相槌うった。だってこれ学校が仕掛けた試験なんでしょう?あいつら生徒殺す気だよ。強制的に呪いの根源である水の聖霊を呼び起こしたけど、「私無理に起こされたから10年たったら私また死ぬよ。だから友達の昏睡解くのは10年待ってね」って精霊可哀想やろが!ただ眠っていただけなのに、無理起こされて無理に死なされるとか可哀想やろが!この教師ほんとに(ry

その後愛の力でなんとかするために「妃になってクレ」という殿下に微妙な断りの台詞を吐くルルさんにお前一体どうしたいんだ!と拳振り上げたが、殿下は非常に寛大だった。
落ち着いているがどっかで引いた風なところあって「ビラールさんいい男だな」と思ってた。
御覧のように、この時点での私の中のビラール殿下の株は非常に高かった。ちょっとロリコン?とは思ったが、高かった。そう、過去形・・・。

試験どうするよと考えていると、一体何をどう解釈したか殿下、
「愛の力で友人にかかった呪いと、学校の試験何とかするためにルルが妃になってくれ」っていう、ちょっともう何言ってるか分からない展開に目ん玉白黒していると、次の日起きたら『意図的に』野外っていう「あれ・・・これ・・・ねぇ・・・」な戸惑いを覚え、加えて愛の力で片言だった殿下が翻訳こんにゃくでも食ったようにバイリンガルになってるっていう超展開。

ビラール「肉体的にも精神的にも運命の繋がりをもったから、愛の力で翻訳こんにゃく出来るようになったよ(意訳」

・・・愛ってスゲー。

え、肉体言語(物理)・・・?
つーかこいつ片言外国人キャラ捨てやがった・・・っ! 敬語おっとりいい人キャラ捨てやがった・・・!なんか性格違うくない?って認めやがった・・・!
今まで「殿下一番いい奴だなぁ」と思い、試験の展開に一番納得できるし相方もルルも頑張るルートだなと思っていたビラール殿下。ここにきてまさかの展開に流石や!と喝采を送った。意味わからん!妃ってなんだ!なんで翻訳した!
その後ちょいちょい「昨日絆(肉体言語)を結んだ」を話題に出してくる殿下に私の中の殿下株価がストップ安になる前にED迎えてほっとした。
てか作中でも本性明らかになって物議醸したっていわれてるやん。やっぱ皆前の殿下が好きだったんや。

彼のちょいと空を仰いでのやれやれ的な立ち絵は作中一番の見た目だと思う。立ち絵の彼はどれ見てもずっと片腕あげてるんだが、止血でもしたいんだろうか。

【ラギ】
ハーフドラゴンで、女子に抱き着かれるとミニドラゴン化するというどっかで聞いた体質持ち。

・・・いや、私彼を誤解していた。ただの熱血バカタイプだと思っていた。申し訳ないラギ!全力で謝罪しよう!

恒例の鬼畜試験は、学園の火がおかしくなって、生徒が全体的に飢えていたり火傷をしたり火事になったり。今度は兵糧攻めかよ!・・・もうあれか?教師陣は生徒殺したいのか?
でも、今回のラギルート今までの中では一番きちんと“ルルが”試験してましたよ!火の原因となっている火トカゲ(サラマンダー)から、暴走の原因(教師のせい)をとるために一人奮起したりする。そうだよ!自力でチャレンジしないと試験じゃないもんね!当たり前なことなのに「うわ、ルルが自分で挑んだ!」と感動した。

ラギもいざとなったときは包容力があっていい男だよ。ドラゴンとして生きるか人として生きるか選ばないとな状態になったラギに複雑で、何もできないとへこむルルに、

ラギ「見てるだけって言い方じゃなくて、見守るって言葉でいいんじゃね?」

・・・男だ。格好いいなぁラギ。最後はやっぱりラギが解決したけど、今回はルルもよく頑張りました。相方ポジの殿下があれだけ急展開ラブロマンスだったのにくらべ、エピローグでようやく告白っていうスローテンポにほっとした。それだけでもラギはいい男だ。

ところで、結局なんでラギは「精神的な問題」で女子に抱き着かれるとミニドラゴン化してたらしいけど、その根本の原因は何?



割りと本気で教師が憎い。
続編のほうものんびりプレイしていく所存です。冗長でございましたが、おつきあいありがとうございました。
スポンサーサイト

2013.03.02(Sat) | オトメイト |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。