プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『24時の鐘とシンデレラ』クリア後全体感想
実は潜伏期間中にクリアしたゲームは多々ある。ただ、記事を書く時間をすべてゲームに費やしたのだ。
『TOX2』2周目にまい進中であるが、カンスト予定のため先が長いのが目に見えているので書いておく。


24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)24時の鐘とシンデレラ~Halloween Wedding~(通常版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


『24時の鐘とシンデレラ』。

実はもう1か月以上前にクリアしてるのだよ・・・。


ネタバレ過多。下記感想。


プレイ時間:約20時間?

***

やっぱり乙女ゲーに男なんていらんかったんや!!




はい、というわけで、『12時の鐘とシンデレラ』の続編。というかスピンオフ?のようなゲームです。
前作が童話でおなじみの3女シンデレラを主人公にしたものだとしたら、こちらは次女を主人公にしたゲーム。時間軸としては前作主人公オデットがあたふたしてたのと同じ頃。彼女が男性陣と交流を深めている間、姉はどうしていたのかというお話です。

前作については前に書いた記事を参照いただきたいのですが、全体的な出来としてはやはり良い出来。
前作と比べて、若干きわどい描写が増えており対象年齢が上がったか?とも思うが、とっつきやすさは健在。なにより主人公がかなり前向きで元気なタイプ。これだけでも奇跡的なまともさ。
前作と比べると若干性格に難ありな攻略対象が増えていたので、やはりマイルド風でもQUINROSEであると笑った。

前作では、主人公オデットが専業主婦やってる間に他の姉と母は働きに出ていたため、あまりストーリー上では顔を出さなかった。
その間次女ロザリアは、裏路地で見つけた呪い(?)の痕跡を調べており、それがオデットに害を与えるものかを調査していたらしい。
ぶっちゃけこの辺の呪いへのロザリアの執着はちょっと展開的に厳しいかな、とも思ったのだが、あまり頭を使って策を練るタイプの人でないことは前作から明らかだったのでまあこういうものだろう。

そして、この間に変わったこととして、システム周りの強化がある。
オートスキップやら、選択肢毎のジャンプやらが可能になった。その分ED回収がサクサク進む。ついでにいつのまにか備わっていた好感度UPエフェクト。これでまあ、ADVに必要な要素は出そろったかな。

・・・さて、このゲーム最大にして最強の特徴。
ほとんどのゲームでそうだと思うが、こういうADVの主人公というものは得てして喋らないものである。
つまり、前作であれだけ元気に喋っていた次女ロザリアは、今作では声がない。前作の記憶を手繰り寄せて、脳内で声を充てる作業に尽力した。
ということは、必然的に喋るようになるキャラが出てくる。

そう、三女オデットだ。

喋りだした彼女は・・・かわいかった!!!
そりゃあもうかわいかった。とにかく彼女、ロリぃのだ。 鈴を転がすような声で、おっとりかわいいことを言う。
前作やってると頭ン中は結構姑息なこと考えてるというのはわかるのだが、それをこの声とこののんびりしたテンションで言ってたのかと思うともう・・・もう・・・。
ロザリアたちや前作攻略対象たちが落ちたのもそりゃ納得だぁな、と言わんばかりのかわいさ。おかげで「QUINROSEの中では屈指のいい人集団」だと思っていた『12時の鐘』攻略対象たちが軒並みロリコンに見えてきた。

今作と前作は時間軸が同じなため、前作と同じ会話もちょいちょい出てくる。なので、前作ではオデット視点だった会話を、今度はロザリア視点でプレイする。
一通り『24時の鐘』をプレイした私が真っ先にやったこと。もうお分かりいただけるだろう。

『12時の鐘』を再プレイして、脳内でオデットの声をあてることだ。

ちなみに同じことはロザリアでも可能。『12時の鐘』をプレイしたのち、『24時の鐘』に戻ってロザリアに脳内で音声をつける。実に頭を使ったゲームだった。
何よりもオデットの登場が待ち遠しいゲームでした。ええい、男はいい。オデットを出せオデットを。
そして確信した。

これ、最強は長女であると!

『12時の鐘』でオデットが家を復興した際、誰かの助力を感じたという旨の描写があったが、これはどうもロザリアではない様子。ロザリアは家の復興も裏で起こっていたことにも精通していないし、何よりハロウィンとの接触がない。
今回出てきた新キャラでそれらしいのに対象になっていないのはハロウィンとスペンサー。今まで法則が確かなら、これらは長女で対象になりそうなのだが、だとすると長女の周辺が一番すごいんじゃないか???
そして彼らの助力を勝ち取ったのが長女なら、やっぱ姉ちゃん最強じゃないか。

とまあ、次回作ある前提で話してますが、これはある。明らかにある。

来たれ!『36時の鐘とシンデレラ』!!!


まさかの母ちゃん再再婚でもよくってよ。
単品として遊んでも全然いける。『12時の鐘』プレイ必須ではないので、途中参入のしやすい続編だと思う。
それほど長くもないので、ちょっと手を出すにはいいんじゃないだろうか。


キャラ感想は次回。
スポンサーサイト

2012.11.12(Mon) | シンデレラシリーズ |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。