プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

【十鬼の絆】個別感想:秦
折りたい小指。



下記ネタバレ過多感想。


【秦(しん)】

「こいつだけ名前に“千”入ってないなー」と思ってたら、その後の『秀』の登場で気付いた。名前の一部分でもいいのか!くそ、やられた!とんち利かせやがって!

***

今までの共通ルートの会話で気付いてたが、爺様たちは秦を「毒舌家」と評しているが、こいつ性格悪いぞ。
ねちねちと嫌味を言っては雪奈をやり込めます。こんな物を知らない娘っこに舌戦で勝って嬉しいのか?と、思ったけど、言われて仕方ないなと言う部分も多々あり。雪奈さん、まっこと棟梁に向いてなす。


秦は毛利方の鬼・・・ですが、ここで朗報!こいつ毛利との縁が薄い!
今までは「これは大名を攻略or大名に攻略されるゲーム」と思っていたのですが、なんか普通の「乙女ゲー」っぽいぞ!凄いな秦!

あ、一応毛利元康が新都毛利家の中継ぎとして出てきます。ええ年のおっさんなのに雪奈から「元康」と呼び捨てられるのが哀れ。別に悪い人じゃないのに・・・。
秦の一族は毛利から現神扱いされていて、無下にできないとは秦の弁ですが、どう見てもその使用用途は使いっぱしり。鬼が利用しやすいって本当なんだなぁ・・・。

なんか自分が美男だのモテるだのと確信持っているらしい秦からあの手この手でモーションかけられる雪奈。

雪奈「秦さんに手を握られるのも、爺様に手を握られるのも変わりませんし」

秦「これで爺様と同じだとは言わせませんよ」


きっと月爺だったらお姫様抱っこくらい出来ると思うの。
珍しく恋愛状態になる秦ルートではあるんだが、その実役目は秦のマネージャー。煙草買いに行くか、煙草に火をつけるかが主なお仕事。だから八瀬姫・・・
でもなんやかんやで雪奈を良いと思ったらしく、指切りして氏を教えてくれた。
今だ雪奈!その小指折れ!

ルートの宿敵は八千代なわけで、彼の一族と秦の一族は実は昔関係があってね・・・とのことで、同じ武器(糸)使います。地味です。
この妙に便利な糸は、敵を切ったり、操ったり、悪夢を見せたり、どこまでも追尾したり、相手の現状を知ることもできます。糸の出来る範囲を軽々越えてます。きっと彼らは変化系の念能力者です。

このルートでは今まで1ルートにつき一人ずつ吸収してきた爺様ズが、八千代に操られちゃったので全員吸収!こりゃ凄ぇや!このまま他の鬼全部吸収してまえ!
・・・と思ったが、やってくれなかったでございます。まっこと雪奈に私の気持ちが伝わらない。バッドEDではこちらの意図を組んでやってくれたが。

八千代倒したりなんだりして、やっぱり八瀬姫勝手に目覚めて終了。



現神と言われていたが、神っぽいことはしなかった。

驚きの、今のところ唯一のなんか過程の分かる恋愛劇!ただ、雪奈は秦が「模範的な鬼だ」ということで元々尊敬してた節がある。しかしこの「模範的な鬼=選民思想」。
・・・なんて近寄り難いカップル。ここまででも再三出てきたのだが、雪奈の弁で

「鬼は平和を大事にする生き物」「鬼は温厚な生き物」「鬼は人間と違って仲間を殺したりしない」

というのが非常に妙な感覚だ。
外の世界を知らぬ雪奈が言うため、仕方のないことではあるのだが、人格者を次々糾弾していくために微妙な心境が終始続く。一度千耶さんに教育しなおしてもらうといい。
スポンサーサイト

2012.08.07(Tue) | 十鬼の絆 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。