プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『十鬼の絆』個別感想:千耶
いあ!いあ!いえやす!



下記ネタバレ過多感想。



【千耶】
これで「カズヤ」と 読む也。
クール系の二刀流。もうこの時点で葛城忍人(『遥か4』)を彷彿とさせるだけに不安でならない。あとはその刀が命を吸い取ると言い出さないことを祈るだけ。

***


千耶は徳川家康側の鬼。一族の危機を昔家康に救ってもらった恩義から、鬼よりも家康重視。
彼の言い分はとてもよくわかる。まあ、八瀬姫ズは里に引きこもってるだけだしな。

さて、このルート。兎にも角にも『家康』ルート。

千耶さんがびっくりするくらい家康信者で、雪奈のつけ入る隙が全くない。
お互いが「亡くした息子に似てるー」「亡くした父親に似てるー」と思いあってるもんだから、もう歯間ブラシも入らない。

「人の世にかかわるな」という最初のルール設定がむなしくなってくるくらい、家康賛歌。
選択肢が家康をたたえるもので好感度上がる。
千耶さんは特に惚れた腫れた関係なく姓を教えてくれました。その後、それより早く家康に姓を教えていたことが判明。彼の口が軽いんじゃないんです。家康だったからなんです。

その後も延々と「家康と千耶の絆」を見ること数時間。どんどん私も「そうっすよね!家康マジ最高っすよね!」という気分になってくる。

ちなみにここまで全く雪奈と千耶の間に男女のあれこれっぽいことはない。
むしろ、家康を責めた雪奈を、「家康にも考えがある」と千耶さんが責める。千也のために雪奈が家康を怒ると「家康も事情がある」と千耶さんになだめすかされる。
しかしその態度を気に入ってくれた家康さんが雪奈を評価してくれたので、それを見て千耶さんも評価してくれます。平たく言うと「家康が褒めたからお前のこと俺も褒めてやるよ」ということだ。
一方家康、流石出来た男。千耶が色恋どうのこうの言いだす前に、雪奈をそれとなく勧めてくれる。
むしろ、この時の助言がなかったら千耶は雪奈を色恋の相手にしなかったんじゃないかと思うの。

戦の勝敗が鬼やら修羅やらの存在に左右されることを良しとしない家康さん。いよいよ立ち上がります。

家康「人間の手で戦乱の世を終わらせるのだ」

千耶「それでこそ徳川家康だ。あんたのその顔が見たかった」


うおー!!!家康うおーーー!!!

その間に第2の犠牲者・月爺を吸収したりしましたが、「一の太刀」とかいうあんまり使い道ないんだろうなーって技を教えてくれましたが、本当に使い道なかった。牙突とか教えてくれたらいいのに。
家康を守るために怪我の体おしたり、家康のためにうんたらかんたらしまして、バッドEDでは家康の天下を見届けてくれと言ったりしますが、まあ何はともあれ家康です。

余談だが、千耶死亡ED時の、「千耶は私の心の中に」な雪奈が家康の御世をそばで守るEDが千耶さん的にも一番幸せなんじゃないかと思うの。そう発言した雪奈さんが「心の中に」と言ったのを家康は「ああ思い出の中にか」と解釈したようだが、雪奈のチート能力を知っている私は「ああ吸ったのか」と理解した。

まったくもって惚れた腫れたがからまないが、家康が「千耶さんが雪奈を愛してる」と教えてくれた。いや、彼が本気で守りたいのはあなたです、絶対。
それからかなり経った後、本チャンで千耶が胸の内を明かしてくれますが、「他人に興味を持ったのは家康くらい」の彼が言うのだからその重みは凄いんです。なんたって、家康に並んだんです。
大嫌いで忌み嫌う鬼本来の姿だが、「家康のためなら」それすらさらして酒呑童子と戦いますが、兎にも角にも家康です。

とりあえず酒呑童子は倒しましたが、一方で3鬼ズの一人・秀(しゅう)が行方不明に。
この秀ですが、

「やあ僕、南雲秀。実は四国の鬼だよ。秀吉が嫌いだよ。だから石田光成殺すよ。」

と、物凄い説明文で自分の行動理念を解説してくれたんですが行方不明に。それに対して何故か心を痛めた千耶さん、平和になったので人生かけてはぐれ鬼を探す旅にでましたとさ。
ED直前で里に戻り、人の話も上の空でぼーっとしている千耶さんを見て、「ああ家康が近くにいないからか」と勝手に納得していたらはぐれ鬼とか言いだして驚いた。
あいかわらず気が付いたら八瀬姫は起きてました。特に解毒とか関係なく。人間と関わるとか関係なく。本人の生命力で。


間違いねぇ!これは家康に攻略された千耶さんから、家康派になるよう説得されるルートだ!




お前もう攻略されてんじゃねえかよ!

本当に笑わせてくれた千耶さんルート。愛しくて仕方ないな!
彼は本当に衝撃的だった。例えルート中でライバルとのあれこれがあっても、最終的に主人公が持っていくという乙女ゲーの常識を覆したな。
家康の言う、

「昔は千耶もお前に似ていて・・・」

という回想に出てくる千耶さんは、実にわかりやすく

「最初は誤解や思い込みから反発を持っていたけど、しばらくその人柄に触れるうちに心を許していって相手を信頼するようになる」

という攻略の過程を家康が行った後だった!本編中の千耶さんは攻略後の姿や!

その他バッドEDで、千岳の掌底(二重の極み的な)で雪奈さん殺された時や、千耶さんの「これで最後だ!」→「うぐっ!」 にも涙流して笑った。本当に外さない方だ。

いあ、いあ、いえやす!

スポンサーサイト

2012.07.31(Tue) | 十鬼の絆 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。