プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『十三支演義~偃月三国伝~』購入
決心がついた。

十三支演義~偃月三国伝~(通常版)十三支演義~偃月三国伝~(通常版)
(2012/05/24)
Sony PSP

商品詳細を見る


ノーガードの殴り合いである。
天敵猫耳。やってやるぞ。


初見感想:これを私にどうしろと。



「関羽ー」
「関羽は女の子なのに・・・」
「関羽、かわいい名前ですね」


・・・。
主人公は画面に見えないので、私の頭には定期的にヒゲ面のおっさんが浮かぶわけで。『レッドクリフ』のあのおっさんが浮かぶわけで。

三国志の基礎知識があった方が展開の納得はいくかなと思います。
三国志の表現を忠実に再現してしまったため、敵はだいたい一撃で倒します。関羽強ぇ。
しかし初見お断り感はある。

それにしても画面に並ぶ、猫耳の生えた男たち。くそ、女の猫耳ならまだなんとか・・・。

「にゃーご」

・・・。辛くなったときはそっと設定画面を開くの。

BGM→最大
音声→猫関連OFF


快適環境。
そう、辛くなったら、そっと画面の上の方を指で隠してみるの。
そう、耳を隠して・・・。

・・・。

・・・うわっ、関羽かわいい!

***


ストーリーは大雑把にいうと、

「黄巾族を追って猫族の村にやってきた曹操軍。人間からは『十三支』と蔑まれる彼らに対し、黄巾族を匿っているのではと容疑をかける。
村人を殺されるのを防ぐため、関羽ら猫族は私軍として曹操軍に連行される」

ところからの展開。
まさか肝心の黄巾族の族長が、口上述べた直後に殺されるとは。
彼を倒すところまでの話するのかと思ったが、違ったようだ。

その後も曹操に使役される関羽ら。董卓討伐の軍にも編成される。
しかし十三支は嫌われているわけで。

「薄汚い十三支が」
「なんでこんなところにけがれた十三支が」
「この下民」
「十三支などと言う劣った奴らが」



「こんにちは、猫族のお嬢さん」
「かわいい耳ですね」



好意的な人をすべて疑うようになった。
罵られ過ぎて、「こいつ腹の中では何を考えている」と思うようになった。心が超絶荒んだ。あらゆる罵倒を受け過ぎた。良いやつそうな人がみんな疑わしい。
趙雲あたりが超絶良い奴なんだが、彼がいつ本性を出すのかずっと警戒してて心安らがない。
そして私もその側の人間だと気づいた。

ストーリーが結構なかなかに硬派というか、これで乙女ゲーやっちゃうかというような流れですね。
ここからどう持ってくのか、薄目で画面見ながら頑張ります。

スポンサーサイト

2012.05.26(Sat) | 十三支演義 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。