プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

拍手ご返信&毛との戦い&萌えの有効活用
先日は足に刺さった毛との戦いでお騒がせしました。
我ながら後で見返して、「こいつ頭沸騰してるなー」と思うと同時に、「やっべ、グロ注意の表記がいったか!?」と思いましたが、『バカ注意』が正解だなと思ってやめときました。

結果としては、翌日どうにもなんねーぜヘイヘイ状態に陥ったので、病院の御厄介になることに。
まさか『ボボボーボ・ボーボボ』の世界に召喚される以外の理由で毛と戦う日が来ようとは思いませんでした。

その戦いのステップはこんな感じ。

1:近所の病院を調べる
2:何科にかかればいいのかわからない
3:皮膚科と外科に狙いを定める
4:結局整形外科になる
5:病院到着。急患のため、2時間の待機
6:どうやら急患は事故らしい
7:あんな大変な人がいるのに、私はこんなことで・・・と申し訳なさでいっぱいになる
8:でもこちらもある意味一大事だ
9:医者に状況説明。首をひねられる。私もひねる。
10:切開からの除去。
11:ふっかーつ!!!\( ̄▽ ̄)/

12:切ったとこ痛い。


こうです。
私の足の中にあった髪の毛と思わしきものはやっぱり髪の毛で、医者に説明するときに完全な羞恥プレイでした。
頭の中で「ははは、いとをかし」と言っている奴と、痛いのでもんどりうってる奴がジルバ踊ってました。

三尾「あー、なんか髪の毛みたいなものが足に入っちゃってそれがもう痛くてどうしようもないんですよー、AHHAHAHA~!!」

なテンションで行きましたが、内心は助けて状態でした。
「じゃあちょっとうつ伏せになってね」からの麻酔→切開までがマジっすかくらいにとんとん進められ、Oh足切るとか結構なイベントなのに、さらっと言ってくれるぜでした。

わー、麻酔注射めっちゃいたーい。わー、足切られてるのめっちゃいたーい。これ麻酔効いてないんじゃねー?でも内容が内容だから、何も言えないぜー。
なこと数分。私を苦しめていたブツを見て戦慄した。

おま・・・っ!!表面から見えてたより大分長いじゃねぇか!!


私の足裏に隠れくさっていたとんだシャイボーイは、なんというか、表面から見えていたのが2,3㎝としたら出てきたのが5,6cmくらい?
お前・・・、どうやって入ったんだよ・・・orz そりゃあ痛いだろうよ。
というかこれ、何毛?むしろ元々ここに生えていたの?すね毛なの?足裏毛なの?

医者「どうやって入ったんでしょうねぇ?」
三尾「本当にねぇ」

こんな理由で切開された足が只今痛い。痛いが、理由がまだ「ふ・・・、切ったからさ」と言えるだけ耐えられる痛みです。
実に各方面にご迷惑をおかけしました。




さて、こんな自己嫌悪と戦った三尾さんですが、そのお蔭でひとつ気付けたことがございます。
それは『痛みに耐えるための萌え』の有効活用。

以下、私が病院に行くまでの時間を耐えるのに協力していただいた作品群。

その1:『AMNESIA~LATER~』
主人公のスチルが大写しになっている者ものが最良。ウキョウルートのメイド服アップが尚良し。
基本はずれはないのが良い。

その2:『薄桜鬼 黎明録』
・・・の、斉藤一ルートの、最終章の、千鶴。

斉藤「今日はいやに聞き分けがいいな」
千鶴「わがままを言った方がいいですか?」

みたいなこの会話。ちょっと拗ねた様な千鶴の言い方がポイント。ここだけリピート。
『黎明録』のいいところは、きっとかわいいんだろうなーくらいだった千鶴の言動に声がついていることだ。

その3:『シュタインズ・ゲート~比翼恋理のだーりん~』
助手はいいものだ。ツンデレはいいものだ。禁断無敵のだーりんはよいものだ。オカリンはラブコメに向かないものだ。

その4:『ファイアーエムブレム 覚醒』
・・・の、マイユニット。
キャラメイクにおいて、

『女』『タイプ3』『顔2』『髪4』『髪色14』『口調私2』


で、私の理想に限りなく近い女性が出来る。びびっときた。びびびっと。

その4:『ときめきメモリアルGirl's Side Premium 3rdStory』
の、宇賀神みよちゃん。囁くような声がかわゆし。バンビは顔が見えないので反応出来ぬぞ。


以上、彼女らの協力で乗り切りました。
みんな~!!協力ありがと~!!!!


下記拍手ご返信。



4月28日コメント頂きました方>
拍手およびコメントありがとうございました~!御心配おかけしました!

結果としては上記のように医学の力で救助されたわけですが、我ながら完全に未解決事件です。何故だかわかりません。
そして誰の毛だか知りませんが、毛は馬鹿に出来ぬものです。普段は味方ですが、あいつら敵に回ったらとんでもない。毛が刺さった時には戦うときです。ここ2日で一生分の『毛』という言葉を頭に考えた気がします。

わざわざありがとうございました!今後は足元に細心の注意を払いたいと思います。

スポンサーサイト

2012.04.29(Sun) | 日常 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。