プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『逢魔時~怪談ロマンス~』総評(全体感想)
よそ様を見ていて気付いたことその1.うちの記事のジャンル分けが大雑把過ぎること。

おお、よそはゲームのタイトルごとにわけているのか・・・っ!
うちはシリーズものは1本、QUINROSEに至ってはメーカーでまとめてしまっている・・・っ。
なんか改善せんといかんかのぅ。

てわけで、『『逢魔時~怪談ロマンス~』総評ラストです。

下記感想。



プレイ時間:数えてないけど、20~30時間くらい?

***

もう言いたいことは『主人公感想』と『個別感想』で言い切った感はあるのですが、
本作はとても玄人向け。

伝統(?)の過激な描写なんのその。性的にも殺傷的にも「うちはこういうところ!」というのを出し切ってます。よそ様がまずやらないような領域に足突っ込んでます。

絵柄はやはり独特。ですが、プレイ前には興味のなかったキャラクターにもそれぞれいいなと思わせる個性的な魅力を付けてくるのはお手の物。
本当に、ここの作品は個性と魅力をうまく引き出すなぁ。

一方で各個人のストーリーが「何故ここ?」という部分で終わっていたような節もあり。続編がある前提か・・・???
そしてそのすべてで主人公が相手に若干引いてるというある意味前代未聞のラスト。
この辺りは、やはり行き着く先が真相EDにつながっていたからだろうか。

特徴は前回書いたとおり、救われない主人公。
恋にも救われない、真相にも救われない、なにより自分に救われない。

「とりあえず最後はハッピーエンドでしょ?悲恋とかいても1人くらいだよね?」

という大方の予想を裏切って、ほとんどが悲恋だったり、よくよく見れば悲恋でもないけど全然主人公が納得していないラストで泣いた。
ここまで救われなくていいのか、おい。メイン対象が宿敵で、すべてのルートをこなして行き着いた真相でぶっ壊れるとか、いじめだわ。強気で喧嘩っ早いけど、感性は普通の彼女のままで居させてあげて!
一方、逆に「予想通りだなおい」となった真相ED。
OP眺めてたら気付く真相はいいのか?行き着く先が見えている分不幸。ある意味マゾゲー。

もうひとつの特徴は、登場人物のくせ毛率が高いことです。


***

この辺りの、「主人公が徹底して不幸」「あけすけな性的描写」「オープンな残虐表現」が先経って発売された『12時の鐘とシンデレラ』と対比してて面白い。
あちらはこの真逆を行く作品だった。どちらが自身の好みに合うかは個人様次第だが、両者合わせてやると制作会社の作品傾向がわかって面白いかもしれない。
まあ、両方を兼ね備えた『アリスシリーズ』ってのがあるんですがね。

なんとなーく感じたのは、

「今のQUINROSEには、制作ラインが2つあるのかな?」

ということ。ざっくり分けると、近年の『マザーグース』『12時の鐘』が同じ系列で、『ピーターパン』『逢魔時』が同じ系列か???
両者の違いは、何よりもスキップ機能。
前者はスムーズにさらさらっと行くタイプ。私が開花と感じたのもこれ。で、後者は地味にガクガクっとなって苦しませてくれる。このわずかな差の積み重ねで周回プレイの長さにかなりの差がつく。

ついでに作品のテイスト(文章構成)にも差があったり。
前者は性的な描写がかなーりぼかされており、というか『マザーグース』はなかったんじゃね?まぁとにかく、見た目健全っぽい。見た目だけね。
一方後者はかなーり露骨。それ以上はアウトー!!って部分まで入ってますな。かなり領域に食い込んじゃってるので、セウトというよりアウフです。意味わからんが。
同じシナリオライターの方だと思うのですが、何故差が・・・???

というかそれぞれ略したら何のゲームかわからんな。
この後続く『グリム』がどちら寄りかで傾向が分かれるな。『24時の鐘』が控えてるから、『逢魔時』寄りかなー。

あとごめんね、ひとつだけ。

お願い、アイコンを選ぶとき(回想モードなど)にどれを選んでいるかもう少しわかりやすくしてっ(泣
選んでいるアイコンと選んでないアイコンの差が些細過ぎて何を選択しているのかわかんないんだよ・・・。『12時の鐘』もだけど。

***

最初にこれか『ピーターパン』で耐性を上げておくのもありだと思うの!
以上おつきあいありがとうございましたー。
スポンサーサイト

2012.04.20(Fri) | 怪談ロマンス |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。