プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

昔話、『ときめきメモリアル~病院サイド~』
※只今の血中アルコールは、ウィスキー3杯(竹鶴12年・山崎12年)、バーボン3杯(IWハーパー・ジャックダニエル)、梅酒ロック4杯(金箔梅酒・シークァーサー梅酒・バナナ梅酒)なり。


世の中では『ときめきメモリアルガールズサイド』が10周年ということで、雑誌で特集を組んだり大いに盛り上がっておりますね。
記念の学園祭(?)というものも開かれたりして、誠に人気がうかがえます。

ところで、私は『ときメモGS』は初代しかやったことがなく、まあそれについてはまた後日述べる所存でございますが、皆様なにかお忘れではありませんでしょうか?

そう、『ときめきメモリアル』は本来男性向け恋愛ゲームであったことを。

当時はその手のゲームがあまりなくてだねぇ、『ときメモ』無双状態だったわけですよ。藤崎詩織が強くてねぇ・・・。あいつはまるでラスボスでした。
あの子の恋愛条件を満たす頃には主人公は完璧超人になっていたもんだから、周囲の他の女の子の好感度も凄いわけで、それらの猛追を掻い潜って藤崎詩織に特攻しようにも爆発しまくる爆弾。地雷原と化した女の子たちを掻い潜って辿り着いた藤崎詩織は、なんか恋愛モードになるとちょっと鼻の下のびた絵になるしさぁ。

それはともかく、昔は裏技ってものが横行していた時代でもありましたから、当然のように『ときメモ』にも裏技が存在したのです。

昔の記憶なので、ちょっと曖昧で多少違う部分もあると思うのですが・・・

ボーイズサイド(便宜上)・ガールズサイド関係なくやったことのある方なら分かると思いますが、『ときメモ』はパラメーター管理ゲー。
その中の裏技というのは、

姓「みんな」名「仲良し」あだな「こなみまん」

にするというもの。
親が姓名判断に頼りまくった結果みたいな変な名前ですが、これが凄い。すべてのパラメーターが「573」スタートになり(通常は「50」くらい)、パラメーターの数値いかんで登場する女の子がすべて出現。おまけに仲良し状態からスタートのスーパーリア充モード。
この機能、ガールズサイドにもあるんでしょうか?でもあだ名「こなみまん」の女の子ってそりゃいじめだよなぁ。

さて、このスーパーリア充モードにも弱点はありました。
まず問題点として、名字が「みんな」なので主人公が喋るときの表示が、

みんな「今日はいよいよ高校の入学式、あこがれの藤崎詩織と同じ学校だ」
みんな「やあ、一緒に帰ろう」
みんな「次の土曜日、一緒に出かけない」


のように、ずっと卒業式あいさつみたいに全員唱和状態に見えること。常に集団下校・クラス旅行・クラス会議です。
ついでに名前でいうと「仲良し」なので、

早乙女「なー、仲良しー」
みんな「はい、みんな仲良しです。」

というのが名前を呼んでいる意味で「仲良し」と言っているのか「俺たち友達だよな!」という賛同を求める意味で言われているのかがよく分からなくなるということ。
字画で言うと最高の名前を付けられたはずなのに、それにこだわり過ぎたせいで名前の後ろに妙な読まない文字をつけられた私の友人に似ている。

そして最大の問題点はこの「パラメーターALL573」。
「すべてのパラメーターが」ということは、ストレスも573スタートです。
彼はきっと中学時代、藤崎詩織に釣り合うために必死に勉強し、美容に気を使い、運動を頑張ったのでしょう。その結果、藤崎詩織すら追いつけないほどのポテンシャルを手に入れたけど、代わりに精神を病んだのかもしれません。完全に病人です。

よって花の高校生活はひたすら寝ることに費やし、ストレスを下げることを目標にする入院生活。

おまけにボーイズサイド限定なのか、ガールズサイドにもあるのかは知りませんが、この頃はランダムイベントとして街にいると「不良に絡まれて戦闘」という『龍が如く』みたいなイベントがあったのですが、ストレスマッハの虚弱体質の為、喧嘩イベントが起きれば必ず一撃死。セーブ&ロードが必須。

ついでに女の子全員の好感度が高いため、彼女たち全員が

「みんな君は私の事が好き」

と思っているに等しい状態。しばらく相手を放っておくと現れる『爆弾』は爆発するとみんなの好感度がガくっと下がる。
容赦なく爆弾が設置され、それを解体する作業に順守する姿は爆弾処理班というべきか、身から出たさびのボンバーマンというべきか。完全にボマー。俺がゲンスルー。問題点はゲンスルーのくせにダメージ受けるのが自分ってこと。

どんどんボロボロになっていく彼。マインスイーパーみたいな学園生活を送る「こなみまん」は、果たしてこんな学園生活を望んでいたのだろうか。
そんな数々のこなみまんの屍を踏み越えて・・・、

頑張れ!ガールズサイド主人公!
スポンサーサイト

2012.04.08(Sun) | その他(乙女ゲー) |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。