プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『逢魔時~怪談ロマンス~』プレイ中
逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)逢魔時~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/03/29)
Sony PSP

商品詳細を見る


↑コレを只今プレイ中。

QUINROSE作品でございます。大抵やっている(やってないのは今のところ他社移植作品くらい)ので、楽しくプレイ中。
一応ひととおりクリアしたのですが、真相ルートをさがしてさまよってます。ああ!自分の中で真相の答えはとっくに出ているのに!
QUINROSE作品には必ずと言っていいほど『真相ルート』が存在するので、それをいかによけながら進むかがポイント。
一応真相から遠い順に・・・

和泉→由良城→遠野→日比谷→式部

かな。思ったよりも遠野が真相に近くて驚きました。反対に和泉はまったくからまないですね。


主人公は「毎日学校で喧嘩やいたずらに明け暮れるパワー型」なのですが、

・・・ふむ。

まともな子だよ、とても。

攻略対象の男から「殺気のこもった目」で見られて、

「私の事を誰だと思ってるのよ、むかつく」
と憤慨するのがアリシア(『魔法使いとご主人様』)

「そうよ、やっぱりそのくらい強い男でなくては」
とほくそ笑むのがアイリーン(『アラビアンズ・ロスト』)

「何これ、ドキドキする・・・」
と興奮を覚えるのがシエラ(『クリムゾン・エンパイア』)

「・・・私ってやっぱりその程度の存在」
と内心で落ち込むのがアリス(『ハートの国のアリス』)

「こ、これはいけない!常識を教えなくては!」
と再教育に目覚めるのがウェンディ(『お菓子な島のピーターパン』)

「な、何よ!そんな風に脅したって何も出ないわよ!」
と真面目系ツンデレ反応をするのがオデット(『12時の鐘とシンデレラ』)

で、

「うう・・・怖い・・・」
と相手に恐怖を覚えるのが静(『逢魔時』)

とても普通の子ですね。QUINROSE主人公の中では。
てゆーかアイリーンかっけぇ。

そう言えば『シンデレラ』の総評も書いてないし、まとまったら書くよ!ちょっと待ってほしいよ!

スポンサーサイト

2012.04.02(Mon) | 怪談ロマンス |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。