プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

B'sLOG 4月号(2012年)購入
買った靴が店でだけぴったりな現象の名前をお伺いしたい。

てわけで今月も購入。表紙のテイストがいつもと違って一度スルーした。



【B'sLOG 4月号(2012年)】
表紙は驚きの白さ。
・ときめきメモリアルGirl's Side Premium 3rdStory
>タイプが変わると(主人公の)一部の言葉遣いに変化が出ます。
>いつもの主人公だと「うん、いいよ」とか「ごめんなさい」と返すと思いますが、小悪魔タイプになると「全然ムリ!」みたいに。

やっべ、小悪魔主人公おもしろいぞ!公式も「いじめていじめていじめ抜いた末に告白させるとか」を推奨(違)されているので、これは期待だな!

・うたの☆プリンスさまっ♪Debut
寄せ書きが乗ってるのですが、みんな妙に字が上手い設定なのな。
そして、驚愕の『腕まくらクッションカバー』。おおう・・・、『抱きまくらカバー』もすごいと思ったが、まさかこのジャンルも進化するとは・・・。まあ、女性キャラに腕枕させるのも変な感じだから、女性向け限定の展開になるのかな。

・華ヤカ哉、我ガ一族
アニメ化。

最近の乙女ゲー発アニメ化多いなぁ。ただ、詳細は書いてないのですが、「2012年秋t2013年の前後編で」と書いてあることからして、OVAの類かなと。全体的に記事がふわっとしてるので、まだ完全始動ではないのかもだなー。

そう言えば以前紙面でキャスト陣に「今後『華ヤカ』でやってみたいことは?」という問いかけに大半が「ディナーショー」だの「実写化逆輸入の声」だのとコメントされていたが、あれ、実は「アニメ化!」と言ってほしかったんだろうか・・・。ショウジキワタシモジッシャドラマガムイテルトオモッテルヨ!

昼ドラ枠でやってくんねーかな・・・。

・緋色の欠片
こっちは先立ってアニメ化が決定した方。原作のあの淡くて細い線はやはりアニメでは難しいらしい。イメージがしっかりはっきりしてるな。
はっきりした線で書いたら大蛇の髪型超奇抜だった。

巻頭では新シリーズが告知されていたり、もう一回シリーズを軌道に乗せる気のようだ。舞台が平安に・・・?

・アムネシアレイター
俺得画像集をありがとう。

主人公がいっぱいだよー。アップだよー。幸せだよー。
本当、政子(主人公)はどの角度から見てもかわいいな!よく考えたら主人公の店員メイド服のスチルは初登場なのか?お願いウキョウ、そこどいて。
これで通常版パッケージの悩殺ポーズ取ってるシンが主人公だったら最高だったのに。
最近関連商品が色々出てるが、男共ばかりで私悲しい。

・遙かなる時空の中で5~風花記~
>(坂本龍馬に)お嬢と呼ばれるきっかけになった出来事が前作とは異なっています。

焼き直しにもほどがある。

・STORM LOVER快!!
キャラクターの絵を描き直したそうです、繊細に。差は良く分からんが。

・あなたがお風呂でのぼせるCD~第2弾~
狂気、第2弾。今度は登別くんです。・・・初耳だが、彼らは『温泉の精』だそうだ。・・・入浴剤なのに。

>(モデルになった登別温泉が火山跡“地獄谷”と隣接しているので、)
>猛烈アタックするタイプ。マグマのように熱い愛を囁き続けます。

第2弾にしてもう効能関係なくね!?

・〆切CD
こちらもCD。絶対無理だと思うけど、快眠を届けるために耳元で喋るCDシリーズとは反対に、「〆切達成まで“眠らせない”こと」を目的としたCD。まだ現実味があるか?

何言うんだろーなー。耳元で5分置きにシンバルかき鳴らすとか?ブブゼラとかどーよ。
眠らないためにはOKかもしれないけど、仕事の〆切には障害になることは確かだ。

・グリム・ザ・バウンティハンター
安心安定、「変なタイトルだと思ったときのQUINROSE」!

グリム童話と西部劇を掛け合わせたゲームとな。
相変わらず絵を描く人が色々変わるな。・・・動きのある絵の主人公はまあまあだと思うが、棒立ちの皆様は正直・・・ちょっと・・・。
ちょっと低年齢向け?絵柄だけだとそういう判断です。情報初出しにしては非常に大量の情報が載ってるのですが、まあ続報待ち。

・Confidential Money~300日で3000万ドル稼ぐ方法~
タイトル長っ!こちらはオトメイト。絵は多分『デス・コネクション』と同じ人。

主人公なかなか可愛い。素晴らしいおっぱいだ。
ストーリーは良くわかんないけど、映画『オーシャンズ11』みたいな?
あと、男性陣になんか『シティーハンター』みたいのがいる。

・十三支演義~偃月三国伝~
>強大な力を持つ猫族の謎の男

おんしゃあ、もう見た目で正体がわかるんだよ!!
どう考えても該当者が一人しかいねぇ!こいつが成長しただか、真の姿だか、そういうこととしか思えねぇ!
あとやっぱり猫耳が辛い。もう最後は呪い解けて猫耳も溶けるとかいうのないのか?

・L.G.S~新説封神演義
蘇妲己、まさかの男だった。うああ・・・残念・・・。
システム辺り(地図?)が筆書きなあたりが好み。発売が夏。超遠い。




巻末の発売日情報を見るたびに、地獄のローテが近づいてくると慄く日々。

スポンサーサイト

2012.02.23(Thu) | 読書感想文 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。