プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『華ヤカ哉、我ガ一族~キネマモザイク~』六男:宮ノ杜 雅 感想
血族最強の才能。

下記感想。


【宮ノ杜 雅】
宮ノ杜家六男。母は京都の老舗呉服屋の娘、千代子。
高等学校に通っている、兄弟中末っ子。頭がよく、性格はひねくれている。

***

内容をざっと言うと、前作を踏襲した感じ。

親父「兄弟争わせたい」
六男「はる専属にするから」
はる「いや、縁談が」
六男「じゃあ自分と結婚したことに」
兄弟「マジっすか!?」
六男「ついでに当主にもなるし、親父も出し抜くし、首相も追いこむよ。」
千代子(母)「店も潰れそうだし、もう家なんか知るかー!私は自由だー!」
はる「ええかげんにせぇや!」
六男「あいつもう母親じゃない」
兄弟「出る幕ねー」

末っ子神話の体現者。

各民話や童話において、末っ子が最強であることは多いが、それを地で行った。
本当に末に生まれたことが惜しいのなんの。父からも父の側近からも「あいつだけは油断ならねぇ」と頭抱えられている。彼を見ていると上の方の兄弟が不憫に思える。
というか、これまで各兄弟のルートにおいて彼の貢献度が半端ない。一部、「あれ、これ誰ルートだ?」ってくらい彼が問題を解決してしまう。五男とか、五男とか。


彼の魅力はウィットに富んだ暴言シリーズ
禁酒馬鹿、洗濯物になって死んじゃえ、星になって死んじゃえ、などなど。
ツンデレというものに増資が深いわけではないんですが、端的に彼のあまのじゃくっぷりを表した台詞だと思ったのがこちら。

(好き嫌いの激しい雅へ「今のところ魚だけ出してますが、野菜も食べてくれ」的なことに続いて)

六男「野菜ねぇ。僕食べないよ。勝手にしたら?ごちそーさま!学校に行くよ!」

・・・どっちやねん!

野菜食べないよ→出したいなら出せば?
嫌いなものが混ざっているご飯→ごちそうさま

お前のための翻訳サイトはよう!

ところで・・・、御杜と六男は前作から通しで仲いいよな。他のルートでもそうだったけど、裏で暗躍を得意としているから波長が合うのか、それとも御杜が年下に甘いのか。

親父の暗躍は他を踏襲しているのですが、親父の後手後手に回ったり、結果首相と親父のいざこざに巻き込まれた風な兄弟たちとは違い、自ら「状況把握→覇権争い介入→首相利用→親父出し抜き→首相切り捨て→勝利」まで持ってった奇跡の男。ここまで兄弟の介入なし!
まさかの兄弟出る幕なかった!
おいおい・・・おんぶに抱っこだった上の兄たちの立つ瀬ないじゃないか・・・。

恒例の縁談からの村八分では、これまた正解と思われる行動。
金で解決したのは四男も一緒だし、金で村人を買収する・・・という手を使ったのは五男と共通。

んが、

流石宮ノ杜家の血の上澄み液。使い方が違った。

1:自分と結婚するから、縁談は断るしかないという仕方ない感を演出
2:村人からの村八分は予測済み
3:金で行うのは、口封じじゃなくて「あの家族に味方してやって」という協力要請
4:村の噂好きな性格を上手く利用!「俺たち特別」感により、円満解決


・・・すげぇ。兄弟にアドバイスしたれや。
宮ノ杜家とすでに結婚したことにした、というのもうまい手。先手を打ってたら、もうどうにもならないしね。

こちらも恒例の親父と首相の密談ですが、初めて首相側を利用した人。
というか、他の兄弟は親父に気を取られていて、相手である首相をどうこうしようとは思わなかったからなぁ・・・。
親父に勝って当主の座を奪い、はるとの結婚を認めさせ、首相を追いこむ。
最終的にすべて達成。出来た奴だよお前は!見習え三男四男。

あー、後彼には母親との確執もありましたね。
前作では母と親子として和解しましたが、今作では千代子様(母)大暴走☆
実家の呉服屋閉店の折に際して、家を捨てるわ、息子がいることを捨てるわのびっくりするほどフリーダム状態。
息子に「あんたなんか産んでない」と言っちゃったんだからさぁ大変。六男が。
これについては、この親子ある程度距離がある方が上手くいったのか、最後は親子に戻らず他人のまま和解。んー、ここは前作ラストの方がよかった。

最終的に全部こなしてしまい、当主の座も手に入れた彼。
父への勝利宣言としてまだ日本で認可されてないガンの治療薬の被験者になることを要請したのは流石。
千富さんは人体実験みたいでちょっと・・・、と言っていたけど、上手くいけば親父の延命につながるし無意味ではない。ついでに性格が最も近いのか、親父の「最期までどんなことにも挑戦して勝ってやりたい」という欲求も満たしている。流石や・・・

何もかもを自分で片付けられる性分のためか、あれもこれもはるちゃんと二人で立ちまわっている機会が多く、多忙でした。

一方で恋愛面では他の兄弟の時と比べて、兄弟からの妨害もとい茶々入れが凄い。末っ子と言うのがひとつ、彼自身の性格からして女性にかまってるのが面白いってのがひとつ、かな?


<クリア後特典>
嘘から出た誠ちゃん。
結局結婚することになったふたり。容姿は5年後仕様。ツンデレも健在。

<後日談もーど>
こっちは隠し子と仲良過ぎるわ!
なんでふたりではるを落とす計画練ってんだよ。
スポンサーサイト

2012.01.20(Fri) | 華ヤカ哉、我ガ一族 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。