プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『華ヤカ哉、我ガ一族~キネマモザイク~』長男:宮ノ杜正 感想
若かりし日の親父主人公で、7人の母親と隠しで千富さんを攻略するギャルゲーの発売はまだですか?


下記感想。




【長男:宮ノ杜 正】

こだわりはないので、長男から。

2年目スタートと言うことで、元々はる(主人公)とはある程度知り合った状態からスタート。なので前作ほど辺りがきついってこともなく、最初からいい人感出ています。

内容は、長男だからなのか、「宮ノ杜家」「当主の思惑」「当主争い」を全部総ざらいでやった感じ。全員こうなのかは、今のところ謎。
しかし流石2年目!兄弟の仲が元々よろしいです。尚且つ三男・四男が正体表わしてない・・・というか、まだ真人間なのが大きいか?場を収める役目をしっかり担っている。

母方の澄田家はすでに没落。当主の座にこだわる理由もなくなったが、そう簡単に生き方を変えることもできず。
そんなところに隠し子:守が現れて、親父が「一人千円(現レート1000万円)与える」「今年の誕生日までに自分を楽しませろ!」「さもなくば守が次期当主だ!」と言われたので、さあ大変。

***

概要はこんな感じなんですが、長男、1年目の毒が抜けているので、とてもいい兄貴です。
洋行が取りやめになって、おまけに自分の祖父を殺した守が兄弟としてやってきて荒れている(?)のを殴って、ついでに冷静に諭したり。
「一人で抱え込むな。自分たちがいる」的なことを言い出した時は、初年度の態度はどこに捨ててきたかと思った。
ついでに撃たれた恨みか元からの性格か、つっかかりまくる次男と隠し子の仲裁も大変。兄ちゃん頑張れ。

相変わらず当主の座に縛られた彼ですが、そんな彼を支援する兄弟のバックアップ半端ねぇ!(笑

・はるが縁談しそうだ
→五男「よし、はるの実家近くの宿屋買い取っちゃおう」
→「「みんなで“温泉”行こう、別に他意はないからね」」

・三男「貸切で花火やるよ~。ついでにあの二人くっつけちゃえ!」
六男「僕総指揮。隠し子演出で」
三男「ピンク的な仕掛け花火作ります。五百円かけます」
隠し子「人の恋路は邪魔したくないけど、台本書きます」
四男「はるさんに迫る役やります」
五男「長男を焚きつける助演男優やります」
次男「長男の相手が使用人とか許せないんですけど」

他多数。仲好過ぎるだろ!特に隠し子との関係が良すぎるわ!

とまぁ、兄弟が前作のラストよろしく出張りまくってるのですが、本筋としては前作とそんなに変わらず。
専属になって一生仕えたいけれど、年齢的なこと、実家の両親の事もあり、もう縁談を断るわけにはいかない。今年結婚する覚悟を決めたけれど、やっぱり長男が好きだと思う。
長男も、それを見越していたけれど、次期当主になると立場上許されない。
互いに仕方ないことだと割り切ろうとしている。はるの結婚相手は小野田で・・・。

小野田は親父の命令で入り込んだ偵察員だったのですが、なかなかのクズ。
いや、役者志望だということで、どこからどこまで演技なのか微妙なのですが、長男が納得していたはるの結婚を躊躇しそうになる程度には屑。
仮に態度云々が全部演技だったとしても、「俺に役がもらえないのは劇団のやつらのせいだ!」というような奴とは結婚御免だと思う。まぁ、はるの「どうして自分に能力がないせいだと思わないの」的な返しもどうかと思うが。

一方、親父がどうして息子らに大金を与えてまで次期当主を早々に決めさせようとするのか。その辺りについての兄弟の共謀が面白かった。
親父が鉄道会社の利権を得るために首相を殺して、そのあと金持ってとんずら。罪は次期当主に~、な計画練ってんだろうってことを突き止めてからの兄弟の連携は凄かった(笑
全員の金を集めて長男へ!そんでもってその金で新銀行発足。金で人を動かせ!首相暗殺の罪を兄弟が被る前に首相を拘束、親父の計画潰すぞ!

・・・難しい。どこがどうつながるのか・・・。

首相を退陣に追い込んでどうこうってのが親父の計画っていうのは、実に現実的で面白かった。
ついでに兄弟も予想と外れていがみ合うどころか超仲良くなって団結しちゃって予想外。
あんたの教育方針でどうやってそうなったのかは謎だけどな!ついでに母親ズもな!
母親の仲も喧嘩仲間って感じで良いのですよね。

今回は前作とはちょっと違って、いままで決められたレールの上を歩いてきたのは長男だけだって点が言われていましたね。
他の兄弟は自分の進みたいようにやっているのに、長男だけが無理をしている。だから好きに生きてみろってか。
最終的に自分のやりたいようにってんで、はるを結婚式から強奪(とは違うが)。当主の座も降りた、と。

しかし親父も予期していなかったことだが、ガンか・・・。
最期まで狡猾な爺であり、人生を謳歌した成功者として散ろうというのはいっそ清々しかった。

<クリア後特典>
はるとの結婚式の取り仕切りが、まさかの兄弟主催。ついでに総指揮・隠し子。
どんな英断だ。

<後日談もーど>
結婚した後、長男だし当主だし。跡継ぎ作れと言われるけれど、はるにはその気が全然なくて四苦八苦する長男。
まあ、この夫婦には当分子供とかいない気がする。
最終的にいなけりゃ、兄弟仲も良いんだし、兄弟誰かの子供を跡継ぎに引っ張ってきそうではある。

スポンサーサイト

2011.12.11(Sun) | 華ヤカ哉、我ガ一族 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。