プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

戦場のヴァルキュリア3 プレイ日記(1~3章)
さあ、2月10日のテイルズまでの一人タイムアタックです。

リアルタイムでやっているので、せっかくなのでプレイ日記形式で書いてみたいと思います。挫折しても許してください・・・っ!

さしあたって3章まで進めております。

***

PS3の第一作以来の『戦場のヴァルキュリア』です。『2』はプレイを控えていたのですが、トレーラーを見て購入を決意。
今回はシナリオの分岐があるそうで、ヒロインは2人。初見でイムカと心にきめました。

<第1章>
主人公クルトは士官学校を首席で卒業したエリートらしい。進軍の指揮官をまかせられたクルトは危なげなくクリア。しかしプレイヤーは操作方法を忘れていて四苦八苦。
「当然の結果だ」という彼との間にでっかい隔たりを感じる。

後日将校に呼ばれたクルトは、建物の前で将校宛ての手紙を拾う。それを将校に返すが、明らかに様子が変。
ああ、これは駄目な展開だよ・・・。
大方の予想通り、見事軍規違反者として懲罰部隊:422部隊(ネームレス)送りとなりました。

422部隊は丁度隊長が戦死したばかりで、急きょ彼が指揮を取ることに。
しかし見事に言うことを聞かないし、逃亡するし・・・。
何とか勝つが、戦績は正規軍のものに。元は彼に媚びていた仲間にもボコられます。
この野郎・・・、イラストではアレな見た目のくせにムービーではイケメンになりやがって・・・。
恩赦を受け、懲罰部隊を出ていく決意を固めるところで1章は終了。


<第2章>
422部隊へ転属となったクルト。ここから本格的にゲームスタートです。

とりあえず隊員をまとめることから始めようと思ったが、そもそも隊長に承認されてなかった!ということで隊長の承認を得ることから始めます。ひとまず戦績を上げて認めさせようではないか。

ちょっと思ってたんですがね、クルト、強くないですか?
突撃兵なんですが、結構単騎でガンガン突っ込んでいっても大丈夫。おかげで『1』では最強だった偵察兵があまり活躍せず。どういうことなの・・・?

予定通り戦績を上げ、淡々と周りからの評価を上げていきます。『死神』呼ばわりされていたリエラを周囲に認めさせ、スタンドプレイだったイムカに協力を約束させる。

これでようやく部隊として整いました!


<第3章>
敵の軍の陽動作戦のため、義勇軍と協力することに。
ここで『1』のメンバーと面会を果たします。やっぱりウェルキンはマイペースです。しかしクルト曰く、かなり出来る男。
実際に布陣も迅速で、こいつ本当にすごいんだなと思わせる。そして生物バカだった。

ここで『1』の戦車エーデルワイスが出てくるんですが、これと比べるとネームレス戦車は格段に足が速い。移動距離が結構あるので、正直時々歩兵よりもガンガン進みます。


***

ここまでのおおまかな感想

・クルト
強いぜ隊長。歩兵であり突撃兵の彼に任せておくと、大体敵をせん滅してくれる。敵に攻撃されても、反撃で返り討ちに。偵察兵に出る幕を与えない。あんた一体何者だ・・・?

性格は理屈っぽくて完璧主義者。ただ、どうにも感情の機微は疎いらしく、協力的なグスルグから注意が入ることも。しかし非協力的なイムカにはダッシュで追いつく。走ったりするんだ、あんた・・・。何故かアメを噛み砕くクセあり。

PVでは、懲罰部隊に転属になったことをもっと嘆いているかと思ったんですが、意外とさらっと受けいれている。

「君、懲罰部隊行きだから」→「どうやったら戻れるんですか?」→「戦績を上げて恩赦を得ればいいよ」→「分かりました、頑張ります」

なんかこんな感じでした。まぁ、あんまりうじうじ悩むタイプにも見えなかったんでいいんでなかろうか。
今のところヒロインとの関わりはそうでもない。むしろグスルグと話している時間が長い。


・リエラ
パッケージ絵で髪の下半分が白かったので、「ヴァルキュリア人であえることのイメージかな」と思っていたら本当に元から半分白かった。
なんかもう、最初からヴァルキュリア人であることが出ているのとかわいらしい見た目から「聖女系だろう」と思っていたのですが、意外とそうでもない見たい。
地雷原を自ら先行し、「隊長に歩かせた後に部下が行くなんて、恥ずかしいことです」と言ったのは格好よかった。
私のプレイするリエラは若干火力不足なのが気になるところ。何故だ・・・。


・イムカ
対戦車兵でありヒロインその2。敵の戦車をボコボコにしてくれます。
語尾がすべて「~ない」で淡々と話す子。結構さまざまなタイプの「~ない」を使ってくるのでなかなかそれに気付かなかったが、クルトは速攻で気付いたらしい。
意外と若く17歳。まだあまりストーリーに出てこない且つ関わらないなのですが、これリエラルートみたいなことになってない・・・よね・・・?

・その他
その他の隊員たちがとてもよく話に関わってきます。おかげでヒロイン目立たねー!
『1』ではあれだけいても、本筋に出てくるのは5人位だったので、これは嬉しい。しかしこいつらなんで懲罰部隊にいるんだ・・・?

***

断章(おまけストーリーみたいなもの)も出てきているので、頑張って進めたいと思います!

スポンサーサイト

2011.01.29(Sat) | 戦場のヴァルキュリア3 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。