プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『英雄伝説~碧の軌跡~』プレイ感想その3(第2章)
パソコンが「動かざること山の如し」。買い替え時だろうか。

予想はしていましたけど、RPGはやはり時間がかかる!来週までに間に合うかな~。

下記感想。


【第2章~西ゼムリア通商会議~】

【1日目】

・いやー、こういう他のゲームではなかなかお見かけしない、ただ「通商」会議のための警備とかてんしょん上がります。政治面でのごたごたとか大好物です。重要事項なんだけど、RPGではまず扱わない、平和条約でもなんでもなく通商会議ってところにテンションハイです。

・1章からいる共和国出身のボンボンたちがウザくて仕方ない。なんとか痛い目見ないか今からそわそわしてる。とりあえず無人になった彼らの家で取れるものがないか探すのは基本。

・各地を巡れるようになりました!ここまで細かく台詞差作るとは凄いなぁ。そして細かいイベントも色々起こります。
警察学校に寄ったところ、訓練生から「憧れてて、支援課に入りたいです!」の言葉にほろり。頑張ったなぁ。

・タングラム門の副司令が新しい人に変更。
 うええええ!!!?課長とソーニャ司令(ベルガード門)って元夫婦だったんか!!!????
 うそぉ・・・。

・アリオスと合流。うーむ、帝国が『赤い星座』と組んでいてその調停役がレクター、共和国が『黒月』と組んでいて調停役がキリカ(前作で競売に出てきた女性)。つまり戦争か冷戦かをクロスベルでやろうってか?
好き勝手してくれるわ。

・シャーリィがかちこみ?に来ました。ランディに用ありっていうか、恐ろしや。父親のところに連れて行きたいみたいね。

・ロイド>「子供の前で不容易な発言は控えてもらおうか」
 ロイドはさり気にいい男です。

・シャーリィ>「お兄さん?お姉さん?」
 ワジ>「一応(性別は)お兄さんってことになってるみたいだけど?」
 ワジの性別不明ここに極まる。

・野郎だけで『赤い星座』の叔父に会いに。こういうところが好きよ。しかしロイドが付いて行くのは分かってたけど、ワジが乗ってくるとは思わなかった。

・・・・なんか・・・バグ?ついてきてないはずのエリィと同じ容姿のキャラがクラブに立ってるんだけど???

・あー、ランディに後継がせたいのか。彼も色々思うところがあるんだろうな。

・ともあれ、明日は会議初日です。
エレボアとやらのお偉方の密談。リベールの可愛い子ちゃんの不安げな様子。カンパネルラとかいう少年のハッキンぐなど火種色々。
うーん、やっぱり前作『空』やろう。絶対こいつら色々面識あるだろ。

【2日目】
・おおお、各国代表集まりまくっている・・・。

・市庁舎の覆いがカーテン方式で開いたけど・・・・さすがにそれは無理だろう。キーアはなんか見たことあるって言ってるし、変な感じ。裏社会共がみんなして「あの建物利用する」と宣言してるし、せっかく建てたもの壊すなやー

・1日たつごとに街の人全員に話を聞いて回るのが忙しい

・ヴァルドさん、ワジが不良グループ抜けたことで自棄酒。お前にとってワジは何だったんだ

・謎のハヤブサが手紙持ってきた。誰かが仕事を依頼したいみたいだな・・・。おそらくリベールの姫様なんだろうけど。

・レミフェリアのアルバート大公、医療国家なのかかなり見識が広くいい人だ。

・いよいよハヤブサの主登場、リベール王国のクローディア王太女と、エレボニア帝国の放蕩王太子オリヴァルト。ほほう、エステルの仲間か。

・内容としては、帝国のオズボーン宰相と共和国のロックスミス大統領それぞれに暗殺の危険がある。しかしそれらが何らかの理由でクロスベル側には伝わっていない。それに対する支援を求めてきたというわけ。
レクターとキリカの動きも気になる・・・と、本格的にごたごたしてきたな。

・ヨナ(技師の少年)が自身の隠れ家に侵入者が入ったことに気づく。これはカンパネルラとかいう人だな。

・勝負内容、まさかの落ちゲー。

・落ちゲー神ティオ来たぁぁ!!参加まで長かったね。
 ついでに銀も登場ー!!・・・ま、正体はずっと出てたんだけどね。

・ハッキング元が狙っていた情報が新市庁舎だったこともあり、明日は会議の会場警備へ。ダドリー役に立つじゃん。

【3日目】

・ティオが参加して、いよいよ今日から会議の正念場。

・帝国と共和国の爺どもが・・・。どちらもクロスベルを食い物にしてやろうって気が満々で凄く腹立つ。お前らもきっといいやつだろうから助けてやろうと思ってた私の馬鹿!!

・しかし扱う問題がリアルです。クロスベルはあくまで自治州。そして宗主国を2重に持った状態で発展したため、軍の所有も許されないし、治外法権にも問題あり。2大国は豊富な市場を狙っているし、ってもううわあぁぁぁ!!
シナリオライターの方はここに焦点を当てたのは素晴らしい。

・懸念していたテロ問題が予想外の形で問題に。鎮圧したけど、「この程度も他国の力が必要なんだから、やっぱり軍縮小しろ」とか、こ、このタヌキ野郎!頭のその残り少ない皮を再起不能になるまではがしてやろうかっ!!

・ここでまさかのディーター市長、独立宣言。・・・まさかディーター市長がダークサイドに落ちないよな?




早くロイドが口説き落とさないとワジが離反しそうで怖い。
スポンサーサイト

2011.10.03(Mon) | 碧の軌跡 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。