プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『英雄伝説~碧の軌跡~』プレイ感想その2(第1章)
ホラーもののテレビをみることがありますが、海外の心霊映像は作りが雑すぎて面白い。
それはただ脅かしているだけだろというのが多すぎます。

ところで・・・ああいう手合いに出てくるホームビデオ、なんでもない時にビデオ回し過ぎだと思うんですが。走っている車の助手席から真っ暗な外を映すことに一体何の意味が。

拍手感謝いたします。
下記感想。



【第1章~予兆~新たなる日々~】

【1日目】

・新特務支援課始動。とりあえず街を回る。

・常識人のノエルはともかく、ワジの反応が気になりすぎて街をくまなく回る羽目に。ワジに対する男の反応が変。「男?女?」って反応の多さは・・・まさかミスリードではあるまいな!?

・捜査一課からの依頼で、前作にも出てきた帝国書記官のレクターの入国情報を掴むために奔走。クロスベルもルバーチェっていうはっきりした裏社会元締めがいなくなってごたごたしてるみたいだ。

・レクター怪しすぎて潔い。ばかばかしいような手で逃げるけど、実際の尋問の際の受け答えは馬鹿じゃないよなぁ。

・ロイド、少女にかじられる。シャーリィだそうだ。ワジだけ反応がww
エリィ、揉みしだかれる。画面送らずにそのままちょっと揉ませていたのは内緒だ!
ワジ>「いい光景」

・課長からの呼び出しで警察学校へ。『零』では入れなかった場所についに潜入。

・あきらかにランディの叔父登場。ものっそ強い。

・課長「交通基本法の講習で呼んだ」まさかの!
前情報で出ていたとおり、支援課に車導入。なんかよくわからないけど、凄いのがきたらしい。飛行船の会社が作ったとか何とか。

・ノエルの凄い運転技術。あんな角曲がれるかってくらい鋭角な場所に駐車したよ。

【2日目】

・寝てる間にキーアが潜り込んでくるとか、どんな御褒美。

・支援を片付けつつ、前日あった不審な男の情報を集めることに。しかし私は正体を知っているぞ。



警察からの重要な相談と信頼はすべてライバルにもっていかれ・・・
潜入捜査の後押しをする役目も無く・・・
ライバルから漂うような「本当は強いんじゃね」「実は重要人物じゃね」感もなく・・・
いい年して下町で不良少年を指揮する立場に満足し・・・
ライバルにすら「僕が自分のグループを作ったのは、好き勝手している君たちの抑止力になるためだよ」と困った子扱いされ・・・
組織と仲間の質も明らかに劣り・・・
ライバルが不良組織をやめ、ホストと警察の準職員になる中、特に他に何かの職を持っている風でも無い。

そんなヴァルドさん、本気を出したワジにボコボコにされる。

もうライバルって力関係じゃないな。




・マインツからの依頼で、旧鉱山の調査。行きがけに怪しい人物色々いたけど、残念!『空』をやってないせいで重要度がわからない!

・旧鉱山に入ると入口を爆破されて引き返せなく。その中でワジ、謎の知識と霊感を披露。もう怪しすぎて、裏切るのか「実は凄いんだぜ」な重要人物展開なのかさっぱり分からない。

・巨大竜?にあわや殺されるかってタイミングでランディ加入!待ってた火力!今のメンバー、明らかに火力不足なんだ!!

・ルバーチェ跡地を買い取ったのは、ランディの元所属部隊『赤い星座』。他にも色々な人が動いていてきな臭くなってまいりました。




ヴァルドさんの今後に注目!

スポンサーサイト

2011.10.02(Sun) | 碧の軌跡 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。