プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

『AMNESIA(アムネシア)』プレイ感想 ウキョウ(GOOD)
日が空きました、申し訳ない!

台風の上陸を見越して「お前ら台風来る前に働け!」という指揮の元頑張りました。
上陸するという日の夜、「泊まりたい奴は泊まっても良いぞ」というありがたいお言葉。

休暇という選択肢はないのか・・・。

下記感想。ネタバレ過多。


【ウキョウルート関係性】

シン=バイト同僚、幼馴染

トーマ=バイト同僚、幼馴染

イッキ=バイト同僚、大学生

ケント=バイト同僚、大学院生、特別講師

店長=ゴルゴ

ミネ=バイト同僚

サワ=バイト同僚

リカ=イッキファンクラブ会長、親友

ウキョウ=写真家、主人公知人?


彼のルートが解放されて、ギャラリー内のエンディングリストを除く。突然増えるBADエンド。先行き不安。




4人のGOODエンドを迎えたのちに現れるルート。真相ルートとも言える。
各ルートに現れては、謎の言葉とBADエンドを作っていったウキョウ。彼の言動から、彼が主人公とその恋人に関して何らかのことを知っていると思われる。
さて、彼の行動の真相は?

***

開始5分で死亡。

開始20分で死

開始30分で(ry

さ、流石BADエンドメーカー・・・。なんの状況把握も出来ないままに殺されたぜ・・・。
このルートの死亡率の高さは半端ないな。いきなり主人公がスペランカーみたくなった。

このルートの特徴は、各ルートの人物関係の良い所取りとでも言うべき関係性。というか、発売前情報で持っていた印象が全部集約されたような関係。
そしてこのルートに限って、トーマおよびイッキルートのジェノサイダー・リカ様が親友ポジション。なんの罠かと思った。

ありとあらゆる方法で死にそうになる主人公と、それの回避方法を教える不審者ウキョウ。
主人公が死なないように取り計らって色々してくれているのだけれど、行きすぎて本当にただの電波さんにしか見えない・・・。
これと友好関係を築こうと思った主人公は本当に剛の者だな。

なんかもう、ギャグじゃないかと思うほど死にやすい、もとい殺されやすい主人公。
ウキョウがいう夏祭りで主人公の身に訪れる危機が、すでにほとんどギャグ。

ウキョウ「屋台のガスボンベが爆発し、太鼓を積んだトラックが暴走し、看板が落ちてきて直撃し、お好み焼きのヘラが額に刺さり、カタヌキの爪楊枝が左胸を貫き、金魚すくいの水で溺れ、リンゴ飴が喉に詰まり、山積みのバナナに埋もれ、カラオケ機材に頭を打って、最後は落とし穴に落ちて死んでしまうかもしれない」

笑ってはいけない夏祭り24時。
ヘラってなんだよ、ヘラって・・・。


そして死なないEDを巡り巡って・・・。あったー!!!

トーマ監禁BADエンドorz

他人のルートでも監禁ルート持ち。リカ・ウキョウに続くBADエンドメーカー・トーマさん。お疲れ様です。
今までの展開関係なく選択肢一本でBADエンドに持ってくるとは、流石です。そしてこの世界では、確実に一人殺っちゃってますよね。

終盤の死因を持ってくるのはほとんどウキョウになるのですが、お前・・・。一体一人でどれだけ狂気顔のスチル持ってんだよ・・・。アルバムの顔が皆怖い。

***

ウキョウの真相は、あらゆる世界を移動して主人公を救う道を探し続けた放浪者。
開始5分でおきた大学の爆発事故で、本来死ぬはずだった主人公。それを拒否したウキョウの願いに応えた、オリオンの主人である神・ニール。
ニールの力で主人公の死んでない世界、且つウキョウのいない世界へ移動したけれど、その世界ではウキョウの方が異物でウキョウが死んでしまう。けど「主人公が生きていることを見届ける」ことがウキョウの願いだから、それは叶えないといけない。しかし主人公も本当は8月1日に事故に遭い、8月25日に死ぬ存在。世界も躍起になって主人公をなんとか25日までに殺そうとする。それを回避するにはウキョウが介入して、主人公を救うしかない。
で、主人公を生かすと、今度はウキョウが死んでしまう。堂々巡り発生。
そのうち死んでも記憶を保有し続けるウキョウは狂ってしまい、次第に

「自分が死ぬのは主人公のせい」

にシフト。なので、世界も主人公を殺しに来るけど、ウキョウも殺しに来る。最悪のループ完成。
どうやっても死んでしまう主人公に絶望したというのと相まったんだな。
お好み焼きのヘラが刺さって死んだ世界とか、どんな顔して見てたのか超気になる。


ケントルートを最後に持ってきた私にとって、ウキョウが死ぬ運命にあるというのは直前に体験したこと。
事故で病院に担ぎ込まれたけれど無事だった主人公。
その主人公の病室が見えるビルの屋上で、一人の男性が転落死をする。屋上の手すりにもたれかかったが、その手すりが腐敗していたことが原因。恐らくそれがウキョウではないか、とのことで迎えるケントED。終始乙女ゲー展開なのに、そこだけにホラーを匂わせた。

それがウキョウの真相とリンクしていたとは・・・。

・・・。

ふむ。

思うに、ウキョウのは本当に恋心ですかね?
主人公とウキョウが付き合うようになったのは、7月の終わり。主人公自体は8月にはなくなっている。出会ったのは3月の神戸だけど、再開したのは7月初頭。つまり1カ月くらいで好きになり、2,3日付き合った相手。
彼曰く、

ウキョウ「俺は、俺の主観だけど、結構長く生きた」

そうなので、人間の寿命分くらいは1カ月ループを続けていたということでは?もう主人公を生かすことしか自分のやってきたことが報われる方法がなくなっていた。これは執念というか、執着と言うか。

一方の神様ニールは、

ニール「人間がどんな存在か、何を望むかを知りたくて、人の願いをかなえ続けた」

つまるところ、ニールの行動原理は、

暇を持て余した、神々の、遊び。

元の世界の時間を戻すことで、ウキョウと主人公がいる、しかし主人公の身に死の運命がある世界に戻した。ニールも限界が着ていたので、これが最後のチャンス。やはり死の運命が怒涛のように押し寄せますが、主人公が25日を生き延びたことを確認したので目的達成!
ウキョウが主人公を殺し続けた記憶は残りますが、二人生きていく道を選んで了。

最後、人間になった(?)ニールとオリオン。全部持っていきやがった・・・。

***

最終ルートということもあってか、色んな人の背後がどんどん出てきて楽しかったです。
特に自分のルートということもあり、ウキョウはジャンジャン出てきましたね。帰国子女だとか、意外なくらい頭悪いとか、写真家はマジだったとか。
店長はウキョウ曰く根っこの性格はどこでもいっしょだそう。ということは、どこの店長も元傭兵か。
とにかくみんな仲良さそうでなにより。意外と全員良好な関係なのはこのルートくらいでした。リカ様と友好関係にあるだけで、この世界で生きていく意味はあると思うの。



終了終了~!!!次にまとめて締めとしたいです。
スポンサーサイト

2011.09.03(Sat) | アムネシア |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。