プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

PSP『いざ、出陣!恋戦』 クリア感想(追記)
前から大分時間が空いてしまいました・・・;申し訳ない!その間に拍手様々頂いていたみたいで、感謝です!

全体の感想と個人感想は既に書いているため、簡単に追記だけ。


下記感想?
***

全体感想をもう書いているのですが、なんとやら。

全体を通してプレイしてみて、こちらのゲームの見どころは『悲恋』ルートだったかなと思いました。
なんというかね!よくまぁこれだけ『悲恋』の種類を作れたものだと。

ぱっと思う悲恋と言えば、思い通じずとか、振られるとか、甲子園の決勝前にトラックにひかれるとか。ま、そんな感じです。
しっかし、よく作ったものだ。

石田光成→石田捕まって処刑。
小早川秀秋→結婚したけど、衰弱により死去。
織田信長→織田は投身。主人公は昏睡状態へ。
伊達正宗→国のために別離。お互い別の人物と結婚。
服部半蔵→逃走して結果別離。
明智光秀→追い詰められて服毒。
佐々木小次郎→主人公は領主に。小次郎はその側近に。

悲恋悲恋とは言いつつ、その表現は様々。『祝言』や『通常』が皆ある程度見た面があったため、本当の見せ場はここからだぜ!な意気込みを感じた。何故だ!?
そして他人のルートでは小物感が漂う伊達と、他人のルートで本編以上の活躍を見せる小早川。そして「やっぱお前にだけ悲恋存在してないよな!?」な、佐々木小次郎が見どころです。

1周が短い作品なので、話に緩急つけることで周回で遊ばせる方にしたのかな?よって、総プレイ時間はそこそこになったように思います。20時間くらいでしょうか?
なんにせよ、携帯電話対応ゲームの特性をよく生かしていたと思います。

では、長くかかりましたが御静聴ありがとうございました。

あと、スタート画面の小次郎ツイッターの正体は本当に何なんでしょうか?
スポンサーサイト

2011.06.11(Sat) | いざ、出陣!恋戦 |

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。