プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
「昔から好きだった」
いついかなる場合でも、存在したら私の中で一番に躍り出る…属性?「昔から好きだった枠」。色々なゲームで出てきては大体私の胃を痛くしたり、腹筋を痛くしたりしてくれる。
いい加減好き過ぎるので、私の中での代表例を集めてみた。




【加納 理一郎】 CLOCK ZERO
周りが「未来だー!世界だー!えんやこらー!」とやっている中、ただただ幼馴染の女の子を助けるためだけに命張った人。他の人もそうなんだけどねぇ。
事故で身代わりになって死ぬ時、もう何物でもない「事故で死ぬ撫子」だけを見て死んでいった姿に心震えた。
どういうわけか未来では不思議マントマンになり、子供から不審者扱いされるその不遇。たまに自分のセーフハウスを別の奴との逢引に使われたりする可哀想さもグッド。
それでいて主役格ヒーローではなく、転校してきた謎の天才少年にその座を奪われている加点ポイントも素晴らしい。

そもそもこのゲーム始まりは小学生なので、皆“元から…”に当たりそう。
同じく“元から好きだった枠”には鷹人がいるんですけど、彼も非常に高配当。
一人のために世界を牛耳る悪の組織ってところがいいですね。しかし付き合いの長さから、私としては理一郎に票を入れたい。

【蘇妲己】 L.G.S
本当に楊栴のことしか見てない。彼が幼い日の彼女へ恋した独白がとても美しかった。
結構な中盤で敵の状態で偶然思いを吐露した彼の「笑えよ」が最高に可哀想でいい。
全ルート(自ルートでさえ)敵として出てくるけど、どのルートでもずっと等しく均等に彼女が好きだという“元から好きだった枠”の鉄板もやってくれる。
俺とおまえは殴り合うことでしか分かり合えないんだ、君に存在を覚えてもらうためには敵としてでも…という思考な所もいいと思うよ!彼女に首を取られて死ぬEDもいい。

彼はルートに入ればそれまでの不遇を払しょくするように楊栴が彼の心を救ってくれる。望みどおりに彼を討つことしかり、彼を追って心中することしかり。最後の「今はこんなに幸せだ」が浄化されたようで心が梳く。
この枠の想いに答えてくれる主人公ってのはルートに入れば皆そうなんですが、全面的にその状態に至るまでの精神を救ってくれる主人公っていうのは少ない。だから楊栴大好きだ。

【有川 譲】 遙かなる時空の中で3
ご存じ「春も夏も秋も冬も」ずっと好きで「これではまるで拷問」な人です。
彼は非常に有能通り越して一人戦国自衛隊な兄を持ち、彼にことごく色々持っていかれ、戦場の獣かつ脳筋でとても手におえる代物ではない女性にずっと片思いという「お前それ荷が重くね?」というこちらの心配を通り越して「春も夏も(ry」という厳しい戦いをしているところが魅力です。

そんな片思いの先輩は平安源平の時代にオムライス作れという無茶ぶりをしてくる女傑。彼には本当にそれでいいのか今一度問いただしたい。

【桐生 瞬】遙かなる時空の中で5
星の一族で、主人公にずっとつき従っていた(?)お兄さん。
静かな人なんだけど、彼の不憫さは基本的に自分のせいではなく、「主人公が度を越した天然」「弟がヤンデレ」「親からの期待が重い」「周囲の認識が神子のバーター」というかなり周囲のせいによる。

主人公を守ったら守ったで自分たち兄弟は消えるし、だけど主人公は頭に花咲いてるし、弟は皆死んじゃえ思想だし、彼の持病の頭痛は精神的なものだと思う。
告白したらしたで主人公はまさかの「瞬兄がそんな風に思ってるとは知らなかった」発言。
…この主人公じゃなけりゃよかったのにな、瞬兄。

【トーマ】 AMNESIA
今では「檻の人」として自他ともにネタにしてる感ありますが、初代当時私は彼に血反吐を吐くかと思った。
ルートによって立ち位置は変わるものの、特にシンの世界での彼が…。
「ずっと好きだったのに、最近出てきた奴に横からかっさらわれる」のは元から好きだった枠の様式美ですが、「ずっと隣にいたけど別に好きでもなんでもなかった幼馴染に唐突に横から持っていかれる上に、それを知らぬ間に自分が御膳立てしていた」というダメージ高い展開に血が止まらない。
それが原因で彼の人生は大分狂わされてしまうので、マサコ(私のつけた主人公の名前)がこの作品の何よりも好きで、全乙女ゲー通しても殿堂入りレベルに彼女を愛している私ですが、「彼女のいない世界にトーマを飛ばしてくれ」と真摯に思った。
「争いをなくすために、何でも願いの叶う魔法の宝を消してくれ」と願う物語の登場人物の気持ちはこんなもんかとしみじみ感じた。

そういったすべての折衷案である、「主人公の義理の兄」というポジションで幸せそうなイッキルートの彼に涙した。この世界で固定でいい。

【龍田 恭介】 百鬼夜行~怪談ロマンス~
彼の不遇さは筆舌に尽くしがたいところがあるが、
「主人公が何となくで死んだ人間を復活させたらめちゃくちゃ怒られて『地獄の苦しみ』を死ぬまで与えられることになったけど、それが可哀そうなので自分が8:2くらいで肩代わりする」
という本人全く関係なく、全面的に主人公のせいな責苦を与えられることになり、主人公が「体だるー。起きられないわー」くらいな時に彼は本気で死にかけている。主人公が誰と一緒になろうが、全ルートで。おまけにこの呪いのせいで寿命までまっとうできない。
しかし主人公はそのことを知らず、彼女のために憎まれ役を買って出ている彼に対し「あいつマジ性格悪いわ」という態度。本当に彼はかわいそうだし、本当に主人公はひっぱたきたい。

このシリーズはシリーズ3作通して元から好きだった枠が多い。
主人公が好きすぎて記憶を消して妖怪にした奴しかり、養女に恋焦がれていたお父さんしかり、彼女が好きすぎて後天的に男性化した奴しかり、並べればまだまだいる。特に3作目なんか9割の対象がこの枠。
しかしながら、まったくもって報われないうえに作中のライバルのほぼすべてが「元々なんとも思ってなかったんだけど、最近急に好きになりました」というスタンスな彼に勝ち点を送りたい。

【犬川 荘助】 里見八犬伝~八珠之記~
幼馴染でずっと女の子として扱っていたのに「自分を男して扱っている親友」と思われ続け、隣にはハイスペック全方位隙なしなご主人様が幼馴染として一緒におり、「二人が一緒になることが一番いい。自分は感情を秘めて二人を守ろう」と涙ぐましい決意をしていたら、旅に出た途端まったく関係ない男6人に彼女を取られた。

彼はどんな時でも静かに見守っているうえに、自ルート以外では絶対にそれを表に出さない。そして大抵どのルートでも終盤に「君は今幸せか?」みたいな感じで何も文句を言わずにすっと身を引く。胃がきりきり痛んだ。

自ルートはそのハイスペック元から好きだった枠幼馴染の浜路と共有になっており、場合によっては1章かからずに彼に主人公を持っていかれる。自ルートの持ちEDの半分は彼に持っていかれた形。
彼の哀れさは、不憫枠に慣れ親しみ愛している私からしてもあまりに不憫すぎて、時々PSPの電源を落とすレベル。

【都丸 京平】 スクール・ウォーズ
おそらく知名度は上記の中で最も低いと思われるが、『マイベスト 元から好きだった枠賞』を捧げるなら彼です。

それは何故か。片思い期間の長さではない。想いの強さでもない。
序盤で彼が主人公にアピールするために言った、

「一条さんって恋人いないでしょ?えー、嘘ー、どんな人がいいのー?」

というのがルート選択になるというその不遇っぷりだ。
元から好きだった枠に、ルート選択お助けナビの役割を与えるという鬼畜の所業。スタッフに私と同じ性癖の鬼がいる。
後に彼のルート(しかもFD)で「俺ずっと一条さんのこと好きだったんだよ。知らなかったの?」と言われた時私は爆笑した。

ちなみにこのゲームには、同じく元から好きだった枠として後輩の塚本君というのがいる。
彼も彼で、どのルートでもずっと均等に主人公が好きで、他人のルートで卒業する主人公に対し、告白しちゃいなよとけしかける仲間に後押しされ、涙ぐみながら「先輩尊敬してます。一緒に働けてうれしかったです」みたいなので終わるという加点が高い芸をやってくれた。



もっといるんだけど、代表例を。今後ともこの不憫な枠を愛していく所存です。
スポンサーサイト

2014.07.26(Sat) | その他(乙女ゲー) |

/