プロフィール

三尾

Author:三尾
転勤により、更新休止中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
『月華繚乱ROMANCE』 プレイ後感想(総評)
みんな心に5歳児を飼っている。

個別のキャラクター感想を書こうかとも思ったのですが、なんかいらんこと言いそうだったので潔くまとめだけ参りたいと思います。

下記感想。
スポンサーサイト

2012.02.21(Tue) | 月華繚乱ROMANCE |

『月華繚乱ROMANCE』 プレイ開始
すぐに色々な発売が迫っているし、ワーネバも気になるしでもうもだもだしてるのですが、その辺を押し殺してここはひとつ!

月華繚乱ROMANCE (通常版)月華繚乱ROMANCE (通常版)
(2011/09/15)
Sony PSP

商品詳細を見る



「もう普通の恋じゃ、満足できないんだろう?」

いや、私恋愛ごとは普通が一番だと思ってるので。その普通ですら難儀なのに、お気遣い頂かなくても。

あらすじは、
「親の都合で兄の通うセレブ学園に通うことになった津森なずな。そこで出会った『月華繚乱』と呼ばれる彼らは、放課後に『デート倶楽部』と称して女性たちに愛を売っていた。
転校早々彼らに絡まれ、デート代として多額の金額を請求されたなずなは、その代わりとして彼らと勝負をすることになる。彼らとデートを繰り返し、落ちた方が負け。兄も巻き込んで、勝負が始まる」


・・・おおう。

・・・何と言うか、どっかで聞いた設定というのは禁句か?

全体的に『禁断』というのを押し出してますが、序盤プレイ感想。

なんで笑わせようとしてきてんだ。

多分みんな必殺技とか練習したくちだ。きっとちょっと本気出せば自分カメハメ波くらいだせると思ってるくちだ。ちょっと心に永遠の少年を飼っちゃってるくちだ。早くその少年追い出さないと将来大変なことになるぞ。

嫌がるなずなを引きずってきて、一人ずつ代わる代わる会話にして三言くらいポエムを朗読会話して、

「ほーらさっきデートしてやったろう。一人頭30万円な」

ぼろい商売してんなぁ。高校生とデートして30万円なんて、ひと時代前のキャバクラでのドンペリの値段とどっこいだ。
それにしても、この人たち自分で『月華繚乱』とか名乗ってんだろうか・・・。きっと吹き出しそうになった生徒とかもいると思うんだ。でも権力のある人たちの子どもだから言えなくて肩震わせてたと思うんだ。

まだまだ序盤なのでなんとも言えませんが、主人公も結構なもんです。
自分を『不思議の国のアリス』のアリスにたとえたり、蜘蛛にからめとられた虫やら蝶やらにたとえたり。おまけに文学少女で謎の持論持ち。・・・紗夜(『死神と少女』)の匂いがするぜ。特に文学やら哲学やらに増資があるのが危険だ・・・。

このテキストも気になるのですが、それよりも文章が進むたびに散る薔薇が気になり過ぎてまったく内容が頭にはいらねぇ!

木曜が来るまでに進めるだけ進みます。それ以降は、おいおいだ!

2012.02.17(Fri) | 月華繚乱ROMANCE |

/